2017年07月31日

be made with

ちょこっと「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」から。

7/17(Mon.)
大阪の天神橋筋商店街の有名なコロッケ。
This croquette is made only with potatoes, so there is no meat in it.
ネット検索したところではここのお店のようです。

「〜でできている」って、基本 be made of だと思うんですけど、
with の代わりに of でも成立するのかが気になる。

7/19(Wed.)
The cat and the Bowl
ネット検索したら、子供向けサイトに英語版がありました。
ある男が猫が嫌いな理由。
Their tails move like snakes. And cats get hair all over the house.
家じゅうに毛を落とす、というようなニュアンス?
ここ、よくわかりませんでした

7/20(Thu.)
世界の偉人伝、Princess Diana
Twenty years have passed since Diana’s death. Many people have followed in her footsteps, including her sons.
多くの人が彼女の意志をついで、ボランティア活動を行っている、という一文。

He’s counting on me to follow in his footsteps.
(僕が自分と同じ道をたどってくれると期待しているんです。)
follow in one's footsteps … 人の足跡をたどる、人の志を継ぐ、前例に従う
(06/03/1・2 「英会話上級」)


【モダン・ファミリー】
Hey, I’m from Missouri.
(証拠を見せられるまで信じません。)
be [come] from Missouri … 証拠なしでは信用しない、疑い深い
を学習したのが08/07/24「実践ビジネス英語」の「あんな時こんな時」、
その後、ネイティブの中でもあまりポピュラーな表現でないことが
わかったのですが、ドラマでちょっとひねった使われ方をしていました。

キャメロンとミッチェル共通の女性の友人が
結婚をすることになったのですが、キャメロンが反対します。
Forgive me if my Missouri is showing, but what she is doing is not marriage. It's a mockery of marriage.
(彼女がしていることは結婚のまね事だ)
キャメロンはミズーリ州出身なので、↑ の出だしは
「疑い深さが出てしまったてたら許してほしいんだけど」
みたいな意味になると思うんですわ。

このミズーリ、たぶん今後も使うことはないけど、
聞いてわかってちょっとウレシイ!


去年の今頃、7/27「実践ビジネス英語」
To a large extent, the modern consumer lifestyle used to be based on the idea of instant gratification.
(かつてその根底に、すぐに満足感を得るという考え方がありました。)
何かを買うことによって得られる満足感、だったと思います。
今や、不要な物も捨てられず、物に埋もれて困る人がいる世の中…。

2017年07月24日

spatula

ちょこっと「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」から。

7/10(Mon.)
大阪で、お好み焼きを箸で食べようとしたら
・… if you don’t mind, why don’t you try eating it with the spatula?
へらで食べれば?という提案を受けていました。
お好み焼きの「へら」は spatula だそうです。

お好み焼きとご飯を注文した先輩に
・…, it’s carbs with carbs.
炭水化物に炭水化物( ̄▽ ̄ ;)

We finish eating our okonomiyaki in silence.
黙々と食べた、という感じ。
We drove back to the city in silence, …
(私たちは無言で帰りました。)
(2015年4月号 Our Magical World)
Don’t suffer in silence.
(黙って苦しまないで。)
(10/07/26「英語5分間トレーニング」)

13/06/28のエントリーに書いてあったメモ
read out loud の反意語 → read in silence

7/11(Tue.)
油屋さんで店番をしていたオウムが、突然入ってきた猫に驚いて壺を倒した
She flew around the shop from shelf to shelf and knocked over many oil jars.
手(↑では羽)で叩いて、落ちる時の knock
Everything is in jumble since you knocked all the stuff on the floor.
(君が全部床に落としちゃったから、みんなごちゃごちゃになってるよ。)
(06/07/24「徹底トレーニング英会話」)
酔っぱらった人がテーブルの飲み物を倒す場合も
knock over 〜’s drink
これ、ホントに「飲み会あるある」

怒った油屋店主が、オウムをひどく殴ったので
He hit her so hard that all the feathers on the parrot’s head came off.
毛が抜けた…。
I understand your crown came off?
(差し歯が外れたということですね?)
(15/01/13「ラジオ英会話」)
If I’m not mistaken, one of your false eyelashes has come off.
(僕が間違っていなければ、つけまつげが1つとれているよ。)
(10/02/04「ラジオ英会話」)

come off の別の意味、「〜という印象を与える」を
この日に復習。

類似表現に come across もあったな〜と思っていたところ、
復習教材に発見。
What comes across is a lack of character.
(印象として伝わってくるのは、特色がないってことですよ。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

意識していたから、聞こえてきたのかも。

さーて、先週分の放送をアプリで聞くぞー


去年の今頃、「ラジオ英会話
you fit right in with those sandals.
(きみにはそこにあるサンダルがピッタリだ。)
fit right in with 〜 … 〜がピッタリ合う、〜にうまく溶け込む
似合っている、という意味。
Those sandals fit you.
だと、サイズがぴったりということか、まぎらわしい…。

2017年07月16日

nothing compared to

ちょこっと「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」から。

7/4(Tue.)
The City Mouse and the Country Mouse
誰でも知っている話だとは思いますがいちおうこんな話。


都会のネズミが田舎のネズミに acorn をごちそうになったのですが
Your acorns are tasty, but they are nothing compared to the meat and desserts you can eat in my house!
A is nothing compared to B
B に比べたら A は何でもない
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」で使われている表現なら、
自分も使えるようにしなければ!
My problems are nothing compared to hers.
(彼女の抱える問題に比べれば、私の問題など何でもない)
(ジーニアス)

都会のごちそうを自慢している都会のネズミの様子。
The city mouse talked with such a sparkle in his eyes
目を輝かせて語った、ということ。

7/4「ボキャブライダー」では動詞として
sparkle → 「火花を散らす、パッと光り輝く」
を学習しました。
プラス、sparkler → 手持ち花火 
も7/4に学習。

都会の生活を経験した後の田舎のネズミの感想。
It is better to eat simple food in peace than delicious desserts in danger.
in peacein danger
都会にも田舎にもそれぞれのよさがありますけどね。

7/6(Thu) は「世界の偉人伝」Jackie Robinson
Jackie Robinson の若いころは黒人と白人が同じバスにも乗れず、
同じ競技場に座ることもできなかったそうで
This is what America was like back then.
当時、アメリカはこんな感じだった、という表現。
I tried to imagine what it was like, but I could not,
(私はそれがどんなふうか想像しようとしたが、できなかった)
(ジーニアス)

Jackie Robinson については、
この日にエッセイからメモしてありました。


先日、温故知新学習として1999年度の「ラジオ英会話」を
車の運転中に聞いていて、何十回も聞いているのに、今さらながら
あれ?と思った表現。
たっぷりラジオ英会話 (NHK CD‐extra book) -
たっぷりラジオ英会話 (NHK CD‐extra book) -
エンパイア・ステートビルについて調べたことを報告している大学生に向かって
大学教授の助手が言った手厳しい一言。
So far, you haven’t told me anything I don’t already know, Leigh.
(ここまで、君の言っていることは誰もが知っていることだよ、リー)
解説によると
「君の言ってることは全部ぼくが知っていることばかりだよ」
だそうなので、この already
とっくに知っている」のニュアンスなのか...。
難しいですゎ。
もしかすると
you have told me something I already know
を単純に否定形にした、ということかな...、ということにしておきます


去年の今頃、「ラジオ英会話
And I love the trinkets in the gift shop.
(それとギフトショップの小さなアクセサリーがとても気に入ったわ。)
たぶん、trinkets ってこんな物