2017年06月26日

let it go

ちょこっと「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」から。

6/12(月)は、お笑い芸人を目指す女子2人の「大阪」物語。
東京に住んだことのあるハルナが、大阪の鉄道は複雑だけど、

Actually, I lived in Tokyo before, they have even more trains.
So I should be okay here.


と言ったところ、それを聞いて生まれも育ちも大阪のマコト が
東京の方が優れているようなことを大阪で言わない方がいいと、注意します。
その後のハルナのセリフ。

Actually, I don’t really understand, but I didn’t want Makoto to get angry, so I let it go.

この let it go の「気にしないことにした」みたいな
「ま、いっか」のニュアンスがなかなかいいな〜と思いました。


ペアで覚える表現
My friend, Makoto, who was born and raised in Osaka, …(6/12)

The king said, “You made a promise. You must keep it. … (6/13)

An old witch’s magic spell was now broken. (6/13)
魔法をかけるなら cast a spell on/over (人)


それにしても、6/13放送のIron Henry のエンディングには
納得がいかない自分...。
いろんなバージョンがあるようなんですが、だいたいこういう話

↑ ではクッションを投げつけられたあと、カエルから王子に戻ったけど、
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」では、王女に壁に投げつけられた後
王子に戻って、その後いっしょに幸せに暮らします。
それってアリなのー?

そんなことをされても、王女といっしょになるなんて、
もしかすると、なかなか打算的な王子だったのかも...。


去年の今頃、6/15「実践ビジネス英語」
People feel compelled to lie about their busyness because being busy is equivalent to “leading a life of significance.”
(自分は多忙だと偽らずにいられない気がするのは、多忙であることは
「意義ある人生を送っていること」に等しいからです。)
むむ、やはりビジ英の単語は難しい。
でも、やりがいのある講座!

2017年06月05日

a hole in

「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」から少し。

Monday 「私の街」
安倍晴明についての逸話。
One legend says that Abe no Seimei brought back his father to life on that bridge after he was killed.
You brought her precious baby back to life!
(彼女の大切な赤ちゃんを生き返らせたんだよ!)
bring (back) to life … 〈人を〉生き返らせる、〜を元気にさせる
(07/11/20「徹底トレーニング英会話」)

come (back) to life は自動詞で「生き返る、活気づく」
And then the engine starts quietly turning over, instead of coming to life with the kind of reassuring roar I’m used to.
(すると、おなじみのうなるような頼もしい音とともにエンジンが
かかるのではなく、エンジンが静かに回転し始めるのですから。)
(15/04/22「実践ビジネス英語」)

一条戻橋についての説明。
People say the bridge connects the land of the living to the land of the dead.
この世とあの世をつなぐ橋だそうですよ。
Welcome back to the land of the living.
(生きている人間の世界へお帰りなさい。)
(10/01/06「実践ビジネス英語」)
living dead だと「ゾンビ」。
oxymoron の一種かな。

登場人物の一人、Ryo が祈り始めた。
・…, Ryo starts to pray in front of a wooden door with a square hole in it.

基本的に穴の開いている場所は in 〜 で表す。
You have a hole in your shirt.
(シャツに穴が開いている)
(10/02/19「ラジオ英会話」)

The economic slump has blown a big hole in their retirement plans.
(不況のために、彼らの退職計画がめちゃめちゃになってしまったのです。)
blow a big hole in … 〜に損害を与える、〜を弱める
(11/03/04「実践ビジネス英語」)

It’s just a hole in the wall, ...
(ただの狭苦しいところですが、...)
hole in the wall … 狭苦しい・薄汚いところ
(12/06/13「ラジオ英会話」)

I give you an allowance and it burns a hole in your pocket.
(あなたにお小遣いを渡すと、すぐなくなっちゃうんだから。)
(08/03/07「徹底トレーニング英会話」)


火曜日の「親指姫(Thumbelina)」で聞き間違えた...。
In one of the rooms, she founds a シックス ワロウ who could not fly.
シックス ワロウ? six ワロウ?

wallow って単語があったはずだけど…と調べたら ↓ でした。
And I always tell people to learn from their mistakes, instead of wallowing in guilt.
(それと私は、自責の念に駆られてくよくよするのではなく、自分の失敗から学びなさい、と常に人に言っています。)
(16/02/25「実践ビジネス英語」)

動詞だし、a はついてるし...。
テキスト買ってあってよかった!
正解は

a sick swallow でしたー。

トホ


去年の今頃、5/27「実践ビジネス英語」「実ビジ」 5月号 Our Magical World より。
I think most people would rather err on the side of caution and wear a helmet.
(たいていの人たちは、慎重を期してヘルメットをかぶるほうがいいと考えているのだと思います。)
ロボコーパス君に err on the side of
の次に来る単語のランキングを調べてもらいたい。

2017年05月28日

like a chess board

「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」のうち、
日常会話に一番近いので、毎週月曜日の「私の街」がお気に入り。

今月も「京都」の話。
京都の街は、よく「碁盤の目」に例えられるのですが、ここでは
The streets in Kyoto are like a shogi board.
のように将棋盤に例えられていました。
外国人に説明するなら like a chess board でもいいのかも。

実際に将棋盤のような通りを説明する英文 ↓
The ones that run from east to west are usually called Ichijo, Nijo, Sanjo … and so on.
ここの run になるほど。

The road runs along the coast.
(道路は海岸に沿って延びている)
(ジーニアス)

一条が北の端、と言う場合、northernmost(最北端の)
っていう単語あったなーということで使いたくなりそうだけど
(もちろん使ってもいいけど)
番組内では
Ichijo is at the end of the city.
というシンプルな言い方で表現していました。

ちょっと難しい単語を「中途半端に(←タチが悪い)」知っていたりすると、
そこに引きずられて会話が止まる可能性もあるかもしれない…。


「ボキャブライダー」の4択クイズは、スマホでちょいちょいっと
挑戦できるので、スキマ時間にぴったり。
意外と、こういう前置詞問題が難しかったりする…。
ボキャブライダークイズ.jpg
明日、アプリからも聞けるようになる3週目の放送分が楽しみです。


去年の今頃、5/19「実践ビジネス英語」
The members of different generations have to cut each other some slack, ...
(異なる世代の人たちはお互いに理解を示す必要があるのです。)
ドラマなんかだと
cut someone some slack … (人に)息抜きさせてやる、(人に)手加減する
という意味で聞く方が多いかも。