2019年08月10日

differentiate

「ボキャブライダー」

個人的には hatch といえば
岩村先生に習った
Don’t count your chickens before they are hatched.
(捕らぬ狸の皮算用)
なんですけど、応用クイズに出てこなかった…。
↓ の本にも掲載アリ
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編

I can’t differentiate between a zucchini and a cucumber.
− ズッキーニキュウリの違いが区別できません。
differentiate はまぎらわしいものの違いを見分けるというイメージ。
(アプリ)
同意語が distinguish
Only parents can distinguish between the twins.
− 彼らの両親だけが、双子を見分けることができます。
↓ も双子の英文
It is difficult to distinguish one from the other.
(どちらどちらなのかを見分けるのは難しい)
(2018年11月「ボキャブライダー」)

First of all, the quality of the material differentiates the fashion brand from others.
− まず、材質がこのファッションブランドをほかのものとは
  区別しているのよ
最初に「実践ビジネス英語」(か「ビジネス英会話」)で
この単語を習った時、この「差別化する」だったなぁ。
(昔のことはよく覚えている、という年配あるある)

Shipping fees vary depending on your location.
− 配送料はお届け先によって変わります
depending (on) と相性がよさそう。
The cost of living varies depending where you live, right?
(生活費は住むところによって異なりますよね。)
(15/06/11「実践ビジネス英語」)

The neighbor realized that the spies were hatching a plot to hack a confidential database.
− お隣さんは、スパイたちが極秘のデータベースをハッキングするという
  陰謀を企んでいることに気がついた
hatch a plot → 陰謀を企む
hatch に「陰謀・計画などを企む」という意味があった。

ついでに hack ([データベースなどに] 不正アクセスする)ですが、
以前「メイプルストーリー」というゲームのアバターを壊したとして、
逮捕された日本人のニュースから書き取ってました。
When he expectedly conducted a cyber divorce, the man alleges that she hacked into his personal files and destroyed the computer character known as an avatar.
元の記事がまだネット上にあったけど、この人どうなったんだろう...。

My son pecks at foods that he doesn’t like, such as carrots and spinach.
− わたしの息子は、ニンジンやホウレンソウなど、
  嫌いな食べ物をちびちびと食べる
ちびちび食べる系だと
pick at / nibble at がブログにメモしてありました。

The absent look on his face suggested that he didn’t understand at all.
彼の顔に浮かんだぼんやりした表情は、
  全然わかっていないことを示していた
同意表現
empty look / vacant look / blank look
違いまではわかりかねます( ̄▽ ̄;)


【ズンボのジャストデザート】
もしも自分がパティシエになっていたら...、
という仮定の話をするスイーツコンテスト参加者の言葉。

I honestly think I would have taken the world by storm.
(正直言って有名シェフになれていたと思う)

Japan has taken the world by storm with an entirely new and unexpected export: popular culture.
(日本は「ポップ・カルチャー」という、まったく新しい、
しかも思いもよらない発信によって、世界に旋風を巻き起こしました。)
take by storm … 〜を魅了する、〜に旋風を巻き起こす、〜を席巻、〜で爆発的な人気を博する
(08/03/3・4「英会話上級」)

take は「手に取る」なので → 嵐で世界を自分の手に入れる
あと、would have の方が could have よりも確信の度合いも高そうだし、
この人、よっぽど自信があったんだろうなぁ。


去年の今頃、「ラジオ英会話
What’s the point of having a cellphone if you don’t carry it with you?
(持ち歩かないのなら、携帯電話を持つ意味なんてあるのかな。)
意味を疑う表現。
昔の「うさぎ跳び」って何の意味があったんだろう?
とか、あれは何だったんだ?ってこと、いっぱいあるな。
posted by ラジ子 at 11:36| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

conspiracy

「ボキャブライダー」

高校の同窓会で、卒業以来初めて会ったクラスメイトが
通勤時間に「ラジオ英会話」を聞いていると知って、
いっきに時空を飛び越え距離が縮まりました!

I have no quarrel with what you said, but my opinion is slightly different.
− あなたが言ったことに異議はないけれど、わたしの意見は少し違うわ
have no quarrel with → 〜について異議はない

↓ は quarrel の同意語(米語)
I had a run-in with Julie, and ...
(私、ジュリーともめごとがあって...)
(09/02/18「ラジオ英会話」)

Which of you picked a quarrel?
口げんかを始めたのはどっち?
pick に「(けんか)を始める」という意味あり。
You’re always picking an argument!
(君はいつも議論をふっかけてくる!)
(14/02/06「ラジオ英会話」)

What they said was conflicting, but I wanted to believe both of them.
− 彼らの言ったことには矛盾があったが、
  わたしはどちらのことも信じたかった
↓ は変化球的な「矛盾」
They’re very aware of the inequalities that are giving the lie to the American dream and rotting our society from within.
(アメリカン・ドリームと矛盾し、私たちの社会を内部から腐敗させている格差に、はっきり気づいているのです。)
give the lie to … 〜と食い違っている、〜と矛盾する
(16/01/08「実践ビジネス英語」)

自分の中で動詞の「矛盾」は → contradict
だったのですが、ブログ検索したら
「反論する」でしか英文がメモされていなかった。
Why must you always contradict me?
(君はどうして僕にいつも反論しなくちゃいけないの?)
(18/12/26「ラジオ英会話」)

Big waves swamped the coastal road.
− 大きな波が、海岸道路を水浸しにした
flood / inundate と仲間。

I’ve been swamped with congratulations from friends since winning the prize.
− 受賞してから、友人からのお祝いの言葉に圧倒されている
be swamped with といえばコレ
I’m swamped with work.
(仕事に追いまくられているの。)
(09/03/12「ラジオ英会話」)

The canoeist shot the rapids.
− カヌーに乗る人は、急流を下った
shoot のスピード感が大事なのかな…

This is a conspiracy to conceal the truth.
− これは、真実を隠すための陰謀です。
plot / scheme と仲間。

There was a conspiracy of silence in the plot against the king.
− 王様に対する陰謀については、沈黙を守る申し合わせがあった
a conspiracy of silence → 関係者たちが、あることがらについて知っていることを話さないということ。
(アプリ)
日常会話で使う事はなさそう…。

This wine is superior to others.
− このワインは、ほかのものに比べて優れています
ブログだと、「上司」での使われ方が多い。
Someone who tries to score points with his or her superiors by flattering them or being subservient.
(上司にごまをすったり、上司の言いなりになったりして、点数を稼ごうとする人のことです。)
apple-polisher の説明
(10/09/08「実践ビジネス英語」)

・… “My brother is superior in drawing, but I think I can sing better than him.”
− “わたしの弟は絵を描くことに優れているけれど、
  わたしは彼よりも上手に歌えると思う”
どの部分が優れているかは in 以下。
なんで be better at の場合は at で、こちらは in なのだろう...?
しかし、四の五の言わずに覚えます。(元祖は岩村チルドレン)


Netflix や Hulu で見るドラマやリアリティーショーから
気になる表現をいろいろメモしてあるのですが、
ブログに残していないものもたくさんあり、
もったいないのでランダムに書き残します。

【ズンボのジャストデザート】
(1)スイーツの味付けに自信のある参加者のモノローグ。
I’ve already got the flavors, so I just need to knuckle down, get the flavor done, and then I can work on my plating.
(まず味を決めてそれから盛り付けね)
knuckle down → 指の関節を地面につけてビー玉を狙うところから
        「真剣に取り組む」(英辞郎)
You’ll have to knuckle down to get caught up with your schoolwork.
(これから腰を据えて勉強の遅れを取り戻さないといけないね。)
(09/01/13「ラジオ英会話」)
語源を知ると、イメージしやすくて覚えやすい!

(2)引き立てる英文
So I’m also going to make a white chocolate mousse to complement the flavor.
(ホワイトチョコムースで味を引き立てる)
あるものを引き立たせ、さらに良いものにする complement
I think the pale pink complements your natural skin tone.
(ペールピンクなら君の自然の肌の色を引き立てると思うよ。)
(09/03/03「ラジオ英会話」)
supplement は足りないものを補うこと。
この2つの違いがよくわからない時期が長かったなー。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I can’t promise, but I should be able to get you a couple of tickets for the concert.
(約束はできないけど、そのコンサートのチケットを2〜3枚取ってきてあげられるはずだよ。)
should be able to は、まだ使えるレベルまで至らず…。
posted by ラジ子 at 21:27| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

facility

「ボキャブライダー」

台風に 翻弄される 花火大会 (字余り)

I’d like to try a typical food that locals would eat.
− 地元の人が食べる代表的な料理を、試してみたいです。
ここの would がどういうニュアンスなのか辞書でもよくわからず、
ググってみたところ、「断定でなく、やんわりと言う時に使える」
という説明があったのでそんな感じ?

It’s not typical of you to be late for our date.
− わたしたちのデートに遅れてくるなんて、あなたらしくないわね。
↓ バリエーション
it’s uncharacteristic of you to be late to a regular meeting.
(定例ミーティングに遅れるなんて、あなたらしくありませんね。)
(10/06/16「実践ビジネス英語」)
It’s not like you to be late for a meeting.
(会議に遅れるなんてらしくないね。)
(10/08/01「英語5分間トレーニング」)

Moreover, the hotel is known for its haute cuisine.
− さらに、そのホテルは高級フランス料理で知られているよ
習ってた!
You almost make me want to check into my local hospital to sample the haute cuisine.
(あなたの話を聞いていると、高級料理を試食するために、地元の病院に入院したくなりそうですよ。)
(12/12/06「実践ビジネス英語」)

The cafeteria serves excellent regional cuisine.
− その食堂は、すばらしい郷土料理を出しています
local cuisine でもよいようです。

She showed an amazing facility for language when she was five years old.
− 彼女は5歳のときに、言語の驚くべき才能を見せた
08/06/06「実践ビジネス英語」で、
クリスさんが ambidextrous (両手が利く)を説明するときに
facility を使ったことから、辞書で調べて
facility → 才能 を学習。

才能系表現
You’re musically inclined.
(あなたには音楽的才能があるわ。)
(14/01/06「ラジオ英会話」)
↓ は14/01/10の More Info! での言い換え
You have a flair for music.

”Goraiko” is a sunrise that you watch from the top of a mountain.
− “ご来光”とは、山の山頂から見る日の出のことである
このまま外国人に説明できそう。
そして、太陽の動きを見るので watch なのか、と納得。

It was just before the crack of dawn.
夜明け直前だった
↓ は引退した鳩!が所属している「歌の会」が始まる時間。
It starts at the crack of dawn.
(夜明けに始まるんだ。)
(17/10/12「ラジオ英会話」)

Dusk is falling.
− 夕やみがせまっている。
We didn’t notice that dawn is breaking.
− わたしたちは夜が明けつつあることに気がつかなかった
duskfall
dawn break
の組み合わせ。
闇に重さを感じられたら、fall にナットク、
break も理解できるけど、ハートで感じなくっちゃ♡

As dusk gathered, it got cold.
夕やみが濃くなるにつれて、寒くなった。
↓ なんとなく思い出した英文
there are empty workstations just gathering dust
(ただほこりをかぶっているだけのワークステーションがある)
(08/08/29「実践ビジネス英語」)
dusk dust が似ていただけという話…

We enjoyed a romantic walk at dusk.
− わたしたちは、夕暮れのロマンチックな散歩を楽しんだ
選択肢の中の in at で迷った挙句、間違えた。
夕暮れという雰囲気の中なら in かと思ったのですが(×)

Can you give me some examples of sunrise industries?
成長産業の例をいくつかあげてくれますか?
大方の予想どおり、反対は sunset industry

アプリの応用テストに ↓ が出ると思ったんだけどな...
It recently dawned on me that perhaps I had it all wrong.
(おそらく私はまったく思い違いをしていたのだ、と最近気づきました。)
that 以下に時間がかかって気づく、という表現。
(「実践ビジネス英会話」2016年 9月号 Our Magical World )


ブログで紹介しようと思っていて、
うっかり忘れていたのですが、コンマリさんの Netflix の番組が
エミー賞にノミネートされたんです!
その関係で受けたインタビューが ↓ で聞けます。
'Awards Chatter' Podcast − Marie Kondo ('Tidying Up With Marie Kondo')
インタビューでコンマリさんがM-1好きと知って、
ますます好きになりました。

ちなみに、通訳は、飯田まりえさん!
↓ は飯田まりえさんがオンラインで連載しているエッセイです。
英語で伝えるということ
ご興味のある方はどうぞ〜。
今なら6月と7月の連載分は全部読めますよ!


去年の今頃、1回休み。
posted by ラジ子 at 09:40| Comment(4) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする