2020年07月05日

condolences

「ボキャブライダー」

こんまりさんがミランダ・カーさんとインスタライブ!
(通訳なし)
英語は世界を広げる!

He bought a souvenir T-shirt with the word “ninja” written on it.
− 彼は『忍者』と書かれたおみやげのTシャツを買いました
with の付帯状況の復習
↓ 軽やかな、弾むような足どりで
After his first date, Terry walked home with a spring in his step.
(テリーは初めてのデートの後、足どり軽やかに帰った)
(19/05/21「ラジオ英会話」アプリの問題)

I attended the comedian’s funeral and signed the book of condolence.
− わたしはお笑い芸人の葬儀に参列し記帳した
この場合の condolence は単数形でした。

I cried so hard, and I was not able to properly express my condolences to the family of my deceased friend.
− わたしは大泣きし、亡くなった友人のご家族に
  お悔やみの言葉をきちんと伝えることができなかった
「お悔み」伝える関連の動詞だと express 以外に
convey / extend / give / offer / send
受け取る方は accept (OXFORD Collocations Dictionary)

I’m working on a paper for medieval European history.
− 中世ヨーロッパ史の論文に取り組んでいる。
単数形だとpaper は論文
Your paper is pretty good, yet there’s still room for improvement.
(君の論文はなかなかいいが、といいえまだ改善の余地があるね。)
(19/12/05「ラジオ英会話」)
おまけ (改善の余地あり系表現)
I’m also very self-conscious about my English skills, which despite my best efforts, still leave a lot to be desired.
(最善の努力をしているのに、まだまだ不十分な自分の英語力も、非常に気になっています。)
(12/05/30「実践ビジネス英語」)

I don’t have a pen and paper with me because I take notes on my smartphone.
スマートフォンでメモを取るので、ペンと紙は持っていません
take note of だと「気を付ける、注意を払う」
Well, I took note of the barriers I’d face by raising a family while trying to climb the corporate ladder.
(そうですね、出世を目指しながら子育てをすることでぶつかりそうな障害に気をつけました。)
(13/07/11「実践ビジネス英語」)

One of her patients composed a thank-you letter to her.
− 彼女の患者のひとりが、彼女に感謝の手紙を書いた
普通は write だと思うのですが、compose も使える、という感じ?

This educational organization is composed of five divisions.
− この教育機関は5部門で構成されています
What do you think it’s composed of?
(どんなもので構成されていると思いますか?)
(08/11/18「ラジオ英会話」)
類語の be constituted of とか consist of とか
単語の出だしが似ている。


【ビッグバン・セオリー】
今まで何度も聞いたことがあるであろう
What’s the occasion?
のニュアンスについて。

突然、豪華な料理を用意したレナードにペニーがかけた言葉。
Mm. This is great, what’s the occasion?
(何かのお祝い?)

誰かがいつもと違ってオシャレをしている、とか、
通常とは違う行動をしている場合の表現なんだそうです。

「おとなの基礎英語」の DVD BOOK でニュアンスに気づきました。
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語Season6 (NHKテレビDVD BOOK) - 松本 茂
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語Season6 (NHKテレビDVD BOOK) - 松本 茂
↑ のドラマの中では、普段は行かないようなオシャレなレストランで
おごってくれた友だちに
What’s the occasion?
(どういう風の吹き回し?)
と質問していました。

「おとなの基礎英語」は次にこちらを自習予定
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語Season5 - 松本 茂
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語Season5 - 松本 茂
とことんNHK生まれのNHK育ち。



去年の今頃、「ラジオ英会話
I’m hoping you can give me some advice.
(あなたから何かアドバイスをいただけるといいんですけど。)
I hope → 非常に強いプレッシャーを相手に与える
I’m hoping → プレッシャーを和らげる
I’m hoping を個人的には優先的に使っていくことにする。
posted by ラジ子 at 13:10| Comment(2) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

get on with

「ボキャブライダー」

劇場でのお笑いライブもそろそろ始まりそう、県境を越える移動もOK、
生活が元に戻りつつあってウレシイなぁ〜。(もちろん油断は禁物ですが...)

I like to ride in the front car of the train.
− わたしは電車のいちばん前の車両に乗るのが好きだ。
front は「最前の」という意味ではあまり使ったことのない単語。
先頭車両 → first car っていう言い方もあるようです。

I wanted to work on the railways.
鉄道の仕事をしたいと思ってた。
railway → 鉄道
なんと初メモ。
JR Japan Railways

I work for a trading company.
− わたしは商社で働いています。
↓ クセのある用法の trade
Consumers need to beware of gimmickry trading on their fears.
(消費者は、不安につけ込む巧妙な商法に用心しなければなりませんね。)
trade on → つけ込む
(10/07/02「実践ビジネス英語」)

I’m in charge of publicity.
− わたしは広報を担当しています。
In fact, Jim was debating whether he should choose advertising or public relations ...
(事実、ジムは、広告か広報を選ぶべきか、(中略)、思案していました。)
(14/11/06「実践ビジネス英語」)

This is our division manager, Jenny Smith.
− こちらは部長のジェニー・スミスです。
department との違いは?と思ったものの、
自分にはあまり関係ないのでスルー。
↓ こんな意味もあった division
I guess that reflects how the division between work and home has broken down thanks to texting and email.
(それは、携帯メールやパソコンメールのおかげで、仕事と家庭の境界がなくなったことを反映しているのでしょうね。)
(12/02/22「実践ビジネス英語」)

打合せの日程を質問されて
Monday works for me.
− 月曜なら大丈夫です
「都合がいい、予定が合う」の work for

Chemistry is a branch of science.
− 化学は科学の一分野です
科学の枝分かれ先のひとつ。
動詞
His interests branched out into other areas.
(彼の趣味は他の分野に広がっていった。)
branch … 枝を広げる、分岐する
(2010年「英語5分間トレーニング」Word of the Day 2月号)

Ken’s father works from home and often says, “ I can’t get on with my work when there’s a cat on my lawn.”
− ケンの父親は在宅で仕事をしていて、
『芝生にネコがいると仕事がはかどらない』とよく言う
get on → 仕事や勉強について「進める、続ける」(アプリ)
on の続いていくニュアンスがポイントかな?
Also, many workers are self-motivated enough to be let alone to get on with the task at hand, no matter where they’re working.
(それに、多くの社員は意欲的なので、どこで働いていようと、放っておかれても目の前の仕事をこなしています。)
(13/10/10「実践ビジネス英語」)


【フルハウス】
D.J. がクラスメイトとデートしてみたものの相性イマイチのため
I don’t feel any chemistry between us. And if I don’t end it now, I’m just gonna leading him on.
(ときめかない相手とズルズル続けられないよ)

There’s chemistry between Doug and Grace.
(ダグとグレースは相性がいい)
(2020年5月「ボキャブライダー」)
好きとほのめかしてその気にさせる lead (人) on
Do you think she's just leading him on?
(彼女、彼をもてあそんでいるだけだと思う?)
(06/02/13・14「英会話中級」)

lead (人) on はNHK的にはあまりオススメしない表現かもしれないけど、
ドラマではけっこう使われてます。


去年の今頃、「ラジオ英会話
This road runs along the river.
(この道は川沿いを走っている。)
run の一方向に進むニュアンスをゲットせねば!
posted by ラジ子 at 11:31| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

weld

「ボキャブライダー」

Netflix のおかげで、梅雨のシーズンを自宅で楽しく過ごせそう。
(基本的にインドア派)

A wheelbarrow is hard to control.
手押し車を操作するのは難しい。
マーシャ先生の講座でゲットした単語。
I had to lug the darn thing in with a wheelbarrow.
(そいつを手押し車で苦労して運び入れなくちゃならなかったよ)
(2000年度「ラジオ英会話」)

A man in a helmet was welding metal plates together.
− ヘルメットをかぶった男は金属プレートを溶接していた
↓ 職業
I was a welder by trade.
(職業は溶接工でした。)
(17/06/07「ラジオ英会話」)

比喩的な用法
The NGO welded the villagers into a community, like a big family.
− そのNGO は村人たちを、大きな家族のような共同体にまとめ上げた
溶接してくっつけるとなると tape glue よりも強そう
I taped them back together.
(テープを巻いて(メガネを)元に戻したんだけど。)
(09/08/07「英語5分間トレーニング」)

The negotiations broke down over the price.
− 値段が原因で交渉は決裂した
↓ 決裂前
The negotiations are stalling.
(交渉が行き詰まってるわね。)
(10/12/03「英語5分間トレーニング」)

Vocabulary is an essential building block of learning English.
− 語彙力は英語を学ぶのに欠かせない要素です
building block → 「積み木」という意味を知らなかった…
The social unit of the family comprises one of the smallest building blocks of society.
(家族という社会単位は、社会の最小基本構成要素の1つを成しています。)
(07/11/12・13「英会話上級」)

Turn the kaleidoscope to change the pattern.
万華鏡を回すと見える模様が変わります
初メモ。

Chinese cuisine includes many kinds of dumplings.
− 中国料理の中にはさまざまなだんご状のものがあります。
特定の料理を指す言葉ではない、と説明あり。
イメージ検索 するとおいしそうな中華料理が出てきます 

It takes up to several months to make century eggs.
ピータンを作るのに最大数か月かかります。
ピータンも初メモ。
上限の up to
I can reach up to 300 kilometers per hour.
(僕、時速300kmまで出せるんだ。)
(17/09/18「ラジオ英会話」)

Tom, can you go buy some spring roll wrappers?
− トム、春巻きのを買ってきてくれる?
餃子も焼売も皮は wrapper

When the wrestler flexed his biceps, the crowd went wild.
− レスラーが二頭筋に力を入れたら観客は盛り上がった。
some macho trainer who flexes his biceps
(マッチョなトレーナーが力こぶを作ったり…)
flex one’s muscle →「力のあるところを見せつける」(クリスさん)
(09/01/23「実践ビジネス英語」)


【モダン・ファミリー】
気になる単語を発見。
シャワーを浴び終わったジェイに
ホカホカタオルを渡すベビーシッター(男性)
Here it is. Nice and toasty from the dryer.
(どうぞ ホカホカです)

実は、このセリフを聞いた前日に、自習していたんですわ。
日本の使い捨てカイロを受け取った、イギリス人の感想
This is super toasty!
(スゲー温かいじゃん!)
↓ の本より
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語Season6 (NHKテレビDVD BOOK) - 松本 茂
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語Season6 (NHKテレビDVD BOOK) - 松本 茂
toasty → 心地よく温かい
乾燥機から出たてのタオルとか、カイロのイメージで
すんなり覚えられそうですよ、 toasty !


去年の今頃、「ラジオ英会話
And it shows that any relationship can turn sour quite quickly.
(それって、どんな関係でも突然こじれることがあるんだって示しているわね。)
最初は美味しかったモノが腐って sour になる、のと同じで
最初はうまくいっていた → turn sour
ということで、英語表現はいつもロジカル。
posted by ラジ子 at 13:45| Comment(4) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする