2019年05月18日

tremble

「ボキャブライダー」

テレビ版「ボキャブライダー」、しっかり今年も見ています。

Her skirt was fluttering in the spring breeze.
− 春風に彼女のスカートがはためいていた
flap にくらべて flutter
軽い物が速いスピードではためく時に使われるようです。
Fireworks illuminate the sky and multicolored confetti flutters from the rooftops onto the elated crowd below.
(花火が夜空を照らし、屋上からは色とりどりの紙吹雪が興奮した群集の上に舞い落ちる。)
(2005年12月号「英会話中級」のエッセイより)
確かに confetti も軽い。

Every time I have a presentation, my stomach flutters.
− プレゼンテーションがあるたびに、そわそわする
↓ きっと関連していると思われる表現
I get butterflies in my stomach thinking about him.
(彼のことを考えるとドキドキしてくるのよ!)
(13/02/11「ラジオ英会話」)

Let’s play on the swings in my garden when it’s sunny.
− お天気のときに、庭のブランコで遊ぼうね
play on the swing → ブランコ遊ぶ
すべり台なら予想通り
play on the slide (ジーニアス)

I tremble to think that my wife may have moved while I was in jail.
− わたしが刑務所に入っていた間に、
  わたしの妻が引っ越したかもしれないと思うと不安だ
tremble 初メモ。
tremble → (恐怖や寒さなどで)震える、(地面などが)揺れる
あと、↑ の英文は、刑務所に入ったと考えたら、の仮定?

I’d like to set up automatic payments for my rent.
− 家賃を自動引き落としに設定したいのですが
My credit card payments are automated, ...
(私のクレジットカードの支払いは自動引き落としになっている...)
(06/10/23・24「ビジネス英会話」)
My electricity bills are deducted automatically from my bank account.
(電気代は自動引き落としになっている)
(プログレッシブ)
deducted の代わりに withdrawn も使えるようで、要はお好みかな〜。

Can I have two $10 bills and the rest in coins, please?
− 10ドル札を2枚と、残りは硬貨でください
状態の in ? (さいきん、やたら気になる…)

They charge interest at 10 percent every ten days?
− 彼らは10日ごとに10パーセント利子を課している?
0 〜 100パーセントのうちの1つの点(at)としての10パーセント。
(完全に「大西チルドレン」)
「〜ごと」 の every もチェック。


【BROOKLYN NINE-NINE】
警官であることがバレないように、
ダブダブの白いスーツを着せられたジェイクのセリフ。
I gotta say, the suit is growing on me.
(このスーツ、気に入った)

始めは退屈な本も頑張って読み続けると
It grows on you.
(だんだん好きになるから。)
(11/02/07「英語5分間トレーニング」)
最初は嫌いなグリーンスムージーも、
It’ll grow on you.
(だんだん馴染んでくるから。)[
(15/04/13「ラジオ英会話」)
面白い表現で、気に入っています。

最近、ある人に勧められて、
あまり好みではなさそうなドラマを見始めました。
I hope it grows on me.
ハマったら紹介したいと思います。
が、どうかなぁ...。


去年の今頃、「英会話楽習
Of all days!
(よりによってなぜ今日なんだ!)
↑ は花見が豪雨で中止になっての一言。
こういうことって、けっこう「あるある」です。
posted by ラジ子 at 15:47| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

tickle someone’s fancy

「ボキャブライダー」

以前、イギリス人に教えてもらった
penultimate → 最後から2番目の
という単語の pen は接頭語の pene (ほとんど)が
母音で始まる単語の場合に最後の e が取れて pen になり、
ほとんど ultimate → 最後から2番目の
という意味になることがわかってうれしくなったことを、まず報告します。

で、ボキャブライダー。

I made a commitment to study English for five minutes every day.
− わたしは毎日5分、英語の勉強をすることを心に決めました
make とペアで。
以前、どこかで
commitment にピッタリくる日本語がない、と聞いたことあり。

It is a huge commitment to own a pet.
− ペットを飼うのは、相当な覚悟が必要です
ペットを飼う時の英文と相性がよい commitment
Owning a dog is a huge commitment.
(犬を飼うには相当の覚悟が必要よ。)
(14/11/05「ラジオ英会話」)

This brand is famous for its commitment to quality.
− このブランドは、品質への約束(尽力)で有名だよ。
動詞は昨年学習済み。
She committed herself to meeting the deadline, …
(彼女は締め切りに間に合わせると約束した …)
(ボキャブライダー)

This summer promises to be cooler than usual.
− この夏は涼しくなるみたいだよ
見込みを表す promise
↓ 形容詞
Have you found any promising leads on apartments?
(よさそうなアパートの物件情報はありましたか。)
見込みのあるアパート。
(14/03/05「実践ビジネス英語」)

I broke out in a rash several hours after lunch.
− 昼食のあと数時間後に、発疹ができた
突然出てくるイメージ。
I break out in a cold sweat.
(冷や汗をかく。)
(12/01/25「英語5 分間トレーニング」)

I hope it tickles your fancy.
あなたの興味を引くといいのだけれど
tickle someone’s fancy → 〜の興味を引く

↓ いかにも遠山先生が好きそうな tickle 表現
I’m tickled to death!
(もうわくわくドキドキよ!)
be tickled to death … うれしくてたまらない
(08/10/13「ラジオ英会話」)
I’m tickled pink for you!
(ほんとによかったわね!)
be tickled pink for … 〜のために実に喜んでいる
(14/08/04「ラジオ英会話」)

She had a distant look in her eyes.
− 彼女は遠い目をしていた
意味的に近い物を感じる ↓
She stood there staring blankly into space.
(彼女はぼんやりと空(くう)を見つめてそこに立っていた。)
(2010年3月号「英語5分間トレーニング」Word of the Day)


【BROOKLYN NINE-NINE】
犯人を自白に追い込むため、変顔をするジェイク。
(コメディなので…)
以前もこの方法で自白させた、と説明します。
Jake : Let him stew for a little bit, got in his head, and he confessed.
(少しの間やきもきさせる) ← 字幕はこれだけ

名詞だったら、「ボキャブライダー」で学習済み。
Jenny was in a stew because the teacher was not reliable.
(ジェニーは、先生が頼りにならないので、やきもきしていました。)
in a stew … 気をもんで、やきもきして
(2018年4月)

「やきもき」つながり
I found myself fretting over my messy desk and files, ...
(散らかったデスクやファイルのことで自分がいらいらしているのを自覚してはいるのですが、...)
fret over … 〜のことでやきもき[いらいら]する
(10/09/17「実践ビジネス英語」)
I chafed at the bit around personal chores that couldn’t be dealt with in work hours.
(私は、個人的な用事を勤務時間中には片付けられないので、イライラすることがありました。)
chafe at … 〜にやきもきする、〜にいらだつ
(08/05/01「実践ビジネス英語」)

考えてみると、「やきもき」って言葉の
ハッキリした意味もわからないのに、自然に使っている自分すごいな。
さすが、日本語ネイティブ。
もし、日本語学習に熱心な外国の人に
「"ヤキモキ" ッテナンデスカァ?」と質問されたとしても答えられない…。


去年の今頃、4/24「ラジオ英会話」
The wedding cost us a fortune, but it was worth every penny.
(結婚式はたくさんお金がかかったけど、やった価値はあった。)
take / cost / charge はマイナスの授与。
「マイナスを与える」っていう発想に驚かされた週。
posted by ラジ子 at 12:50| Comment(2) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

bury one's face in one's hands

「ボキャブライダー」

10連休、遊びに行くための条件が整わない者にとって、
休むには長すぎる...。

He cooked a nice meal for us.
− 彼は私たちにおいしい食事を作ってくれた
cook は「熱を加えて料理を作る」
熱を使わないサラダなどは make prepare を使う
(アプリ)
↓ こんな言い方も習いました。
I can whip up a salad.
(手早くサラダを作れるけど。)
(15/11/02「ラジオ英会話」)

Tommy often cooks up stories to defend himself.
− トミーじゃ自分を守るために、よく話をでっちあげる
cook up → (話などを)でっちあげる
cook (up) the books → 帳簿をごまかす
なんていうのもありました。

おまけ
We’re cooking up a storm!
(料理で大忙しさ!)
(15/11/17「ラジオ英会話」)

Can you make time for me tomorrow?
− 明日、わたしのために時間を作れますか?
スケジュールよりも物事が早く進むときも make time
We’re making good time.
(予定より早く進んでいるわね。)
(08/05/12「ラジオ英会話」)
We made excellent time.
(予定よりずっと早かったから。)
(10/01/20「ラジオ英会話」)

・…, and my car was completely wrecked.
− わたしの車は完全に壊れた
日常会話だと ↓ の使い方の方が多いかも。
I would have been a nervous wreck!
(僕なら精神的にまいっていたところだよ!)
(19/02/18「ラジオ英会話」)

The police hunted high and low for the criminal.
− 警察は犯人をくまなく探した
↓ を懐かしいと感じる人も減っていることでしょう…
Hunting High And Low


We’ve been searching high and low for him.
(八方手を尽くして彼を探しているんです。)
(11/03/29「ラジオ英会話」)
look との組合せもありました。
(09/04/07「ラジオ英会話」)

When the police arrested him, the criminal buried his face in his hands.
− 警察が彼を逮捕したとき、犯人は顔を手にうずめた
テレビでよく見るシーン。
↓ の場合は「押し付ける」イメージの against らしい。
She buried her face against my chest.
(彼女は私の胸に顔を埋めた)
(プログレッシブ)
ふくよかな胸に埋める場合は in でもいいのかな…?

I despise him for being so selfish.
− 彼はわがままなので軽蔑している
↓ は、クリスマスキャロルのスクルージ氏へのインタビューで。
There was a point in my life where I despised Christmas.
(儂には人生でクリスマスを軽蔑するという時期がありましてな。)
(15/12/15「ラジオ英会話」)

似たような意味の表現
... while turning up noses at a farmers’ market in Texas?
(... テキサスの農産物中心の市場では見向きもされないのではないだろうかと。)
(07/03/9・10「ビジネス英会話」)
He must have a low opinion of me.
(私のことを悪く思っているに違いない。)
(17/08/21「ラジオ英会話」)
この手の表現は、数限りなくあるな...。

I despise myself for my carelessness.
− 自分の不注意に自己嫌悪になる
文字通り、自分で自分を軽蔑する、ということ。

The woman deceived my dad into buying a fake painting.
− 女性はわたしの父をだまして、偽物の絵を買わせた
またまた「変化」の into
大西イズムが自分の中で浸透しつつあるのを感じます!


【Rilakkuma and Kaoru】
このストップモーションアニメ、英語字幕と英語セリフとが
それぞれ別なんです。

たとえば、↑ の30秒ぐらいのところ、字幕では
Rilakkuma, you’re a big eater!
なんですけど、英語のセリフだと
You can really put it away, Rilakkuma.
なんですよ。

字幕とセリフで2倍楽しめる「リラックマとカオルさん」は
とってもお得。


去年の今頃、「ラジオ英会話
It had a great impact on me.
(すごく衝撃的だった。)
on は「圧力」の on !
posted by ラジ子 at 15:02| Comment(2) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする