2017年03月23日

the better part of

3/15「実践ビジネス英語」

ATMAutomatic Teller Machine
acronym であることを知ったのは
2000年の「ラジオ英会話」。

ライオンズのお父さんが1か月分の給料全額を全部1ドル紙幣で
引き出した際に
It took the tellers at his bank the better part of 24 hours to organize that many ones.
− それだけ多くの1ドル紙幣をそろえるために、
  父の銀行の金銭出納係の人たちは1日の大半を費やしました。
the better part of … 〜の半分以上
(ジーニアス)
この bettergood(十分な)の比較級とのことで
Discretion is the better part of valor.
(用心は勇気の大半、君子危うきに近寄らず)
the better part of がこの意味だったのか、と
今、理解しました…。

そんなことをするライオンズのお父さんは
Obsessive? Yes, …
こだわりが強い、ですか。ええ、…
obsessive … こだわりが強い、執ような、執念がある
Some people have the opposite problem: obsessive decluttering.
(中には、正反対の問題を抱える人がいます。つまり、極端なまでに整理整頓することですね。)
(16/10/13「実践ビジネス英語」)

同意語は compulsive
A is a compulsive talker, and B can barely get a word in edgewise.
(Aはおしゃべりの止まらない人で、Bはほとんど言葉を差しはさめないほどである)
(09/08/17「ラジオ英会話」Try It in a New Situation より)
さらに強さが増すと neurotic なのでしょうか?

church tithe … 教会の維持のための収入の10分の1の献金
初見の単語。
tithe でブログ検索して引っかかった単語
Naomi is smart, athletic, fashionable, gorgeous, popular ― the antithesis of me.
(ナオミは勉強ができて、運動神経がよくて、おしゃれで、華やかで、人気者―私とは正反対です。)
(2014年7月号Our Magical World)
これも難しい単語…。

マクミラン家では
My mother and father kept my siblings and me blissfully ignorant of our family’s finances.
− 母も父も、私たちきょうだいが、家計のことについては
  何も知らずにのほほんとしていられるようにしていましたから。
blissfully ignorant of 〜 … 〜を何もしらずにのほほんとして
blissful ignorance → 知らぬが仏状態 (ジーニアス)
Ignorance is bliss. → 知らぬが仏
どうやら、bliss 系単語と ignorant 系単語の組み合わせは相性がいいらしい。


【キャッスル】
obsessive の類似語。
被害者の事件当時の様子を話す参考人。
CASTLE paranoid.PNG
I mean, she was acting paranoid, man, said somebody had followed her to the party.

思い込みの激しい様子を paranoid で表しています。
obsessive / neurotic / paranoid は意味が似ているけど、
使う場面とか、思い込みの強度によって変わってくるんだろうな...。
そもそも、強い意味を持つ単語だと思うので、
他人には使わない方がよさそう。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
Our CEO will ink the deal this morning, …
(わが社のCEOがきょうの午前中に契約に署名して、…)
「ラジオ英会話」で clinch / seal the deal を学習したばかりですが、
こっちの方が契約書がらみの正式な感じがする。
posted by ラジ子 at 00:24| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

not budge on

「ラジオ英会話」

値段交渉のダイアログなら、やっぱり「ラジオ英会話」!

3/13放送分
I’m calling to seal the deal on the RV.
− RVの話をまとめようと思って電話したんだ。
この日のタイトル、clinch the deal も「契約・交渉をまとめる」、
clench a fist だと「こぶしを握りしめる」
(07/07/30・31「ビジネス英会話」)
似てるー。

How about knocking down the price a bit?
− どうかね、少し値引きをしないかね?

値引きでブログ検索した結果
Is it negotiable?
(それは値引き可能ですか?)
(13/11/13「ラジオ英会話」)
I’m willing to knock off a few dollars.
(すこし値引きさせてもらいますよ。)
(10/12/17「ラジオ英会話」 More Info!)
個人的には
Could you give me a discount?
が言えればいいかなと思っています。

Sorry, buddy, I’m not budging on the price.
− 悪いんだけどねえ、値段に関しては一歩も譲りませんよ。
not budge on 〜 … 〜に関しては一歩も譲らない
budge が「ちょっと動く」
08/10/30のエントリーに書いたポッドキャストニュースに
Her stone is not budging, …
(彼女の腎臓結石は全然動かない)
がメモしてありました。

↓ も全然動かないことによる決意の固さ
She didn’t give him an inch.
(彼女は彼に一歩も譲らなかった。)
(16/01/16「英語5分間トレーニング」)

3/14放送分
If we play our cards right, we can put the house on the market next month.
うまく事を運べば、来月にはこの家を売りに出すことができる。
play one’s cards right … うまく事を運ぶ、手順をちゃんと踏む
16/02/09「ラジオ英会話」で習っていました。

↓ はアンティークのいすをネットで売るケース。
You could put it up for auction online.
(ネットオークションに出してもいいし。)
(11/04/29「英語5分間トレーニング」)

3/15放送分
ガレージセールにて。
Could you come down in price a little?
価格を少し下げてもらえるかしら?
また値下げ交渉。
we would need to come down from the 25% you suggested.
(おっしゃっていた25%からは下げてもらうことになると思います。)
(08/11/24「入門ビジネス英語」)
↑ この日に come down がらみのイディオムの復習をしています。

3/16放送分
I’ll throw in the garden tools.
おまけに園芸用具を付けます
物以外にもおまけ可能。
Plus, we’ll throw in moving costs.
(それに移動費用をもちます。)
(10/01/25「入門ビジネス英語」)

現金を持っていないので
Can you hold it for me?
取っておいてくれるかな?
そうか、お取り置きは hold でよかったのか。
Can you hold this jacket until tomorrow?
(このジャケットを明日まで取っておいてくれませんか。)
(ジーニアス)


【キャッスル】
習ったような気がしていたけど、メモしていなかった(らしい)表現。

事件は解決、しかしそのため、法を犯したロンドン警視庁所属刑事に、
現在住んでいるD.C. に戻るのか?と質問したところ
CASTLE face the music.PNG
London, I'm afraid. Face the music.

face the music … 自分の不始末にけじめをつける
(ジーニアス)
語源は不明のようですが、意味は押さえておきたいところ。

イギリスの刑事の発音、めちゃブリティッシュでクールでしたが、
聞き取りにくくて…。
もう自分の耳は、アメリカ英語聞き取り仕様になってしまったようです


去年の今頃、「ラジオ英会話
I feel like I’m stuck in a rut.
(私ってマンネリ化している気がするわ。)
このブログにも、我ながらすごいマンネリを感じる。
posted by ラジ子 at 11:29| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

sharpen

「実践ビジネス英語」

貧乏な家庭の親が「うちはお金がないの!」と子供に言いにくい。
お金持ちの家庭の親が「うちはお金持ちなのよ」と言うとも思えず。
「そこそこ」だよ、っていうのもヘンだし...。
結局、子供が小さいうちは、お金の話はやっぱりしないんだろうな。

3/9放送分
アリス・コリンズの家庭の場合、
My dad would just say “None of your business,” when I asked what he thought were impertinent questions like that.
− 父はそういう質問は生意気だと思っていましたから、私が尋ねても、
  「お前には関係がないことだ」の一言でいつも終わりでしたね。
年上の人に対する失礼さの impertinent
I have a question that may sound somewhat impertinent.
(ちょっとぶしつけかなあ、という質問があるのですが。)
(10/09/01「実践ビジネス英語」)

お金の話は ↓ と同じぐらい気まずい。
It’s like not telling children about the birds and the bees.
− それは、性の基礎知識を伝えないのと同じようなものですよ。
最近習った bee 表現
I read about a hotel here in the States whose management has a bee in their bonnet about bees.
(どこかで読んだのですが、ここアメリカのとあるホテルの経営陣は、ミツバチのことが頭から離れないそうです。)
have a bee in one’s bonnet about … 〜について奇妙な考えに取りつかれている、〜が頭から離れない
(16/11/09「実践ビジネス英語」)

I think there’s a middle way between keeping kids in the dark and making them go over spreadsheets of the family’s finances.
− 子供には何も教えないでいることと、子供に家計のスプレッドシートに
  じっくり目を通させることの中間のやり方があると思いますよ。
keep in the dark … 〜に内緒にする、知らせずにおく
「モダンファミリー」のセリフにも
You kept me in the dark about it for three whole months?
(3カ月も僕に内緒に?)
がありました。(16/07/14のエントリー)

3/10放送分
Flashing lots of money in front of children is a bad idea.
− 子供の前で大金をちらつかせるのはよくないですよ。
flash lots of money … 大金をちらつかせる[見せびらかす]
flash a thumbs-up sign
(親指を立てたサインをパッと出した)
(09/05/05のエントリー)
show quickly flash → ちらっと見せる

flash の「一瞬」のニュアンスがあってこその表現
The year has gone by in a flash.
(1年があっと言う間に過ぎたわね。)
(09/12/31(木) 「英語5分間トレーニング」)
It’s not some new-fangled, flash-in-the-pan trend.
((ヨガは)新しいだけの一時的な流行に終わるようなものではありません。)
(16/10/19「実践ビジネス英語」)

子供にチップの計算を手伝わせることで
It sharpened their math skills
− そのおかげで子供たちは算数の力を磨きました
なんと、sharpen を初メモ!
今頃!


【キャッスル】
知人に、自分の演劇学校の宣伝をしてもらおうと思った
キャッスルの母でしたが、自分の演技の悪口を言われケンカになってしまい
CASTLE get the better of.PNG
I just let my ego get the better of me, now Oona Marconi is never gonna endorse my school.
自尊心が勝ってしまった、という感じですかね。

このぐらい難しい表現になると、習うのはやっぱり「実践ビジネス英語」。
I hate it when my emotions get the better of me like that.
(そんなふうに、自分の感情に負けてしまうのは嫌なものですね。)
(12/12/27「実践ビジネス英語」)
There’s no point in letting your emotions get the better of you.
(自分の感情に流されてしまったところで、どうにもならないですからね。)
(13/05/30「実践ビジネス英語」)

でも、やっぱり2017年は「実ビジ」をお休みします。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
For many of them, it comes down to money, pure and simple.
(彼らの多くにとって、それは結局のところ純然たるお金の問題なのです。)
↑ 子供を持たないことの理由。
何にせよ、お金の問題であきらめざるを得ないことって
たくさんあります…。(しみじみ)
posted by ラジ子 at 23:55| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする