2019年08月07日

biological mother

「ラジオ英会話」

なにげなく見始めた「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」
気楽に見られていい。石原さとみさんの無邪気な感じもカワイイ!

7/29放送分
Who’s the bride-to-be?
花嫁になる人は誰?
bride-to-be … これから花嫁になる人
ジーニアスによれば「近い将来〜になる人」
the president-to-be という例が載っていました。
↓ は別の –to-be
Our trip to Bali was a never-to-be-forgotten experience.
(私たちのバリ島への旅行は忘れられない経験だった。)
(18/08/08「ラジオ英会話」)

I got the impression that they’re hiding something.
− 彼らが何かを隠しているという印象を持った
あげたり、受け取ったり。
I didn’t mean to give that impression, Rhonda.
(そういう印象を与えるつもりはなかったんだよ、ロンダ。)
(17/10/18「ラジオ英会話」)

「何かを隠す」の別表現
He seems to be holding something back.
(彼は何かを隠しているみたいだ。)
(10/09/26「英語5分間トレーニング」)

Why do I get the feeling the boss doesn’t like me?
− どうして僕はボスが僕のことを好きじゃないと感じるのだろう?
何かアクションを受けて、そう感じたということ(だと思う)。

↓ はUFOを信じる人の発言なので、
いつもそんな気がしているから have でしょうか?
I have a feeling they’re out there.
(彼らはどこかそのあたりにいるような気がします。)
(16/06/06「ラジオ英会話」)

7/30放送分
I’ll get a taxi.
− タクシーを捕まえるよ。
自分が動いてタクシーを捕まえる。
I’ll take a taxi.
− タクシーにしますね。
交通機関の選択肢からタクシーを選ぶ。
なるほどね〜。

We finally got to eat in a Taiwanese night market.
− 僕たちはついに台湾の夜市で食事ができるね。
「希望がかなって〜するチャンスを得る・許可を得る」の get to
I love that I get to travel and see beautiful flowers
(旅ができて美しい花を見られる機会がある点は大好きよ……)
(17/10/02「ラジオ英会話」)

I finally got to meet my biological mother.
− 私はとうとう実の母と会うことができました
実の母、はほかに a birth mother という言い方もあって、
辞書の「育ての母」は a foster mother
↓のビデオでは、養子として育ててくれた両親→ adoptive parents
と言っていました。

ブログ検索中、2007年のエントリーに
トリノオリンピック、男子モーグルで銅メダルリストの
アメリカ選手が、実は韓国生まれで、両親と離れ離れになり、
アメリカ人夫婦に引き取られたことが書いてあったので、
ググってみたらこの後追いニュースを発見。

8/1放送分
年配者のスマホ問題あるある (私も含む)
Have you managed to transfer the data from your old phone?
− 前の携帯からうまくデータを移行できたの?
ほかに transfer するもの
All I have to do is transfer some money.
(送金するだけだから。)
(11/06/08「英語5分間トレーニング」)

スマホのデータ移行をお願いするビンスは
He’s a whiz with all kinds of electronic devices.
− あの子は、どんな電子機器でもお手のものだからね。
wiz でもよい。(テキスト)
wiz は ↓ の単語の短縮形
I know a guy who is a wizard at fixing computers.
(コンピューターを直す天才的なヤツを知っているから。)
(18/04/18「ラジオ英会話」)

I’ll give him a buzz later.
− あとであの子に電話をするよ。
buzz にこんな意味が!
1999年度「ラジオ英会話」では、「ブザーで呼ぶ」
Let’s buzz the super.
(管理人さんを呼ぼう。)

I’m trying to get my parents to allow me to pierce my nose.
− 私は両親に鼻にピアスするのを許してもらおうとしているの。
「穴を開ける」イコール「ピアスする」の意味になるのですね。
get + 体の場所 + pierced → 〜にピアスの穴を開ける
で暗記していましたが、これだと「誰かに穴を開けてもらう」で
pierce my nose だと、「自分で穴を開ける」?


【KonMari 〜人生がときめく片づけの魔法〜】
It dawned on me 再び!
「トキメキ」という感覚がなかなかつかめず、
仕分けに苦労をしていた男性が、大好きな本を手にして
ようやく spark of joy を感じられた後で。

Um, so when I hold this, I kind of feel this warm sensation, and it slowly dawned on me, just, like, “Oh, this is what you’re supposed to be feeling when you have that spark of joy.”
(なので、この本を手に取ると暖かい感覚がしてようやく
“これがトキメキなんだ”とわかりました)
時間をかけてじわじわと理解できた時の表現。

ちなみに彼が2年に1度は読み返すと言っていたお気に入りが
↓ この本
To Kill a Mockingbird
To Kill a Mockingbird
実は私、何年も前に(調べたら2011年)、
あるALTにすごく薦められて買ったものの
1ページも読んでいないのです、トホホ…


去年の今頃、「基礎英語3
Tom, are you OK? You’re breathing heavy.
(トム、大丈夫ですか?息が荒いですよ。)
この後、何度か breathe heavy に遭遇したので、
意識するようになったから、聞こえ始めたのだと思います。
posted by ラジ子 at 12:12| Comment(4) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

conspiracy

「ボキャブライダー」

高校の同窓会で、卒業以来初めて会ったクラスメイトが
通勤時間に「ラジオ英会話」を聞いていると知って、
いっきに時空を飛び越え距離が縮まりました!

I have no quarrel with what you said, but my opinion is slightly different.
− あなたが言ったことに異議はないけれど、わたしの意見は少し違うわ
have no quarrel with → 〜について異議はない

↓ は quarrel の同意語(米語)
I had a run-in with Julie, and ...
(私、ジュリーともめごとがあって...)
(09/02/18「ラジオ英会話」)

Which of you picked a quarrel?
口げんかを始めたのはどっち?
pick に「(けんか)を始める」という意味あり。
You’re always picking an argument!
(君はいつも議論をふっかけてくる!)
(14/02/06「ラジオ英会話」)

What they said was conflicting, but I wanted to believe both of them.
− 彼らの言ったことには矛盾があったが、
  わたしはどちらのことも信じたかった
↓ は変化球的な「矛盾」
They’re very aware of the inequalities that are giving the lie to the American dream and rotting our society from within.
(アメリカン・ドリームと矛盾し、私たちの社会を内部から腐敗させている格差に、はっきり気づいているのです。)
give the lie to … 〜と食い違っている、〜と矛盾する
(16/01/08「実践ビジネス英語」)

自分の中で動詞の「矛盾」は → contradict
だったのですが、ブログ検索したら
「反論する」でしか英文がメモされていなかった。
Why must you always contradict me?
(君はどうして僕にいつも反論しなくちゃいけないの?)
(18/12/26「ラジオ英会話」)

Big waves swamped the coastal road.
− 大きな波が、海岸道路を水浸しにした
flood / inundate と仲間。

I’ve been swamped with congratulations from friends since winning the prize.
− 受賞してから、友人からのお祝いの言葉に圧倒されている
be swamped with といえばコレ
I’m swamped with work.
(仕事に追いまくられているの。)
(09/03/12「ラジオ英会話」)

The canoeist shot the rapids.
− カヌーに乗る人は、急流を下った
shoot のスピード感が大事なのかな…

This is a conspiracy to conceal the truth.
− これは、真実を隠すための陰謀です。
plot / scheme と仲間。

There was a conspiracy of silence in the plot against the king.
− 王様に対する陰謀については、沈黙を守る申し合わせがあった
a conspiracy of silence → 関係者たちが、あることがらについて知っていることを話さないということ。
(アプリ)
日常会話で使う事はなさそう…。

This wine is superior to others.
− このワインは、ほかのものに比べて優れています
ブログだと、「上司」での使われ方が多い。
Someone who tries to score points with his or her superiors by flattering them or being subservient.
(上司にごまをすったり、上司の言いなりになったりして、点数を稼ごうとする人のことです。)
apple-polisher の説明
(10/09/08「実践ビジネス英語」)

・… “My brother is superior in drawing, but I think I can sing better than him.”
− “わたしの弟は絵を描くことに優れているけれど、
  わたしは彼よりも上手に歌えると思う”
どの部分が優れているかは in 以下。
なんで be better at の場合は at で、こちらは in なのだろう...?
しかし、四の五の言わずに覚えます。(元祖は岩村チルドレン)


Netflix や Hulu で見るドラマやリアリティーショーから
気になる表現をいろいろメモしてあるのですが、
ブログに残していないものもたくさんあり、
もったいないのでランダムに書き残します。

【ズンボのジャストデザート】
(1)スイーツの味付けに自信のある参加者のモノローグ。
I’ve already got the flavors, so I just need to knuckle down, get the flavor done, and then I can work on my plating.
(まず味を決めてそれから盛り付けね)
knuckle down → 指の関節を地面につけてビー玉を狙うところから
        「真剣に取り組む」(英辞郎)
You’ll have to knuckle down to get caught up with your schoolwork.
(これから腰を据えて勉強の遅れを取り戻さないといけないね。)
(09/01/13「ラジオ英会話」)
語源を知ると、イメージしやすくて覚えやすい!

(2)引き立てる英文
So I’m also going to make a white chocolate mousse to complement the flavor.
(ホワイトチョコムースで味を引き立てる)
あるものを引き立たせ、さらに良いものにする complement
I think the pale pink complements your natural skin tone.
(ペールピンクなら君の自然の肌の色を引き立てると思うよ。)
(09/03/03「ラジオ英会話」)
supplement は足りないものを補うこと。
この2つの違いがよくわからない時期が長かったなー。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I can’t promise, but I should be able to get you a couple of tickets for the concert.
(約束はできないけど、そのコンサートのチケットを2〜3枚取ってきてあげられるはずだよ。)
should be able to は、まだ使えるレベルまで至らず…。
posted by ラジ子 at 21:27| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

take

「ラジオ英会話」

英単語のコアイメージを知ると、過去の英文を読んだ時、
「だから、ここはこの動詞か〜」という答え合わせの気分になる。

7/22放送分
レベル2動詞
extend → 長さを伸ばす
expand → 全方向に広げる
spread → まんべんなく覆う感触

I’d like to thank you for the generous hospitality extended to me during my visit to Tokyo.
− 東京への訪問の際、私に向けての寛大なるおもてなし
  感謝したいと思います。
テキストに「非常によく使われます」と書いてあったので覚えたい。
ニュアンスの似ている extend
They just hoped I would extend the same kindness to someone else somewhere down the road.
(この先いつかほかのだれか同じように親切にしてあげてほしいだけだ、と。)
(16/09/07「実践ビジネス英語」)

↓ 体の中心から全方向に広がった結果
No wonder American waistlines are expanding.
(アメリカ人の胴回りが太くなっているのも無理はありませんね。)
(13/12/20「実践ビジネス英語」)

News spreads really fast through social media.
− ニュースはソーシャル・メディアを通じて非常に早く広まる
spread は言語の広がりと相性がよさそう。
I’m going to spread the word among my couch potato friends.
(カウチポテト族の友人たちに広めてあげるつもりです。)
(14/04/09「実践ビジネス英語」)

7/23放送分
実は、わりと最近までコアなイメージがよくわからなかった take
大西先生いわく「手に取る
田中茂範先生によると「何かを自分のところに取り込む
なので、
take a risk (危険を承知でやる) と
run a risk (結果的に危険を冒すことになる)
では意味が違う、と田中先生が言ってました。
↓ の本にて
英語のパワー基本語[基本動詞編]: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録2)
英語のパワー基本語[基本動詞編]: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録2)

I wouldn’t take such a risk.
(私はそんな危険はさないでしょうね。)
(18/06/11「ラジオ英会話」)
I think they run the risk of not keeping up with the times if they don’t change.
(私が思うに、そのような会社は変わらなければ、時代の流れにとり残される危険を冒すことになります。)
(17/02/09「実践ビジネス英語」)

Their team took a hard stance during the negotiations.
− 彼らのチームは交渉の間、強硬な姿勢をとった
似た組み合わせの take
My wife takes a hard line on that.
(妻はそれに対しては厳しい態度をとります。)
(14/08/07「実践ビジネス英語」)
コロケーション辞典で調べたら
attitude もよくある組合せ一覧に含まれていました。

7/24放送分
Our leader likes to take all the credit for our team’s achievements.
− 私たちのリーダーは、私たちチームの手柄を独り占めするのが好き。
take する場合もあれば、give する場合もある。
Well, I give him credit for good taste in whisky, if nothing else.
(まあ、ほかのことはさて置き、彼はウイスキーの趣味がいいということは認めますよ。)
(15/02/20「実践ビジネス英語」)

7/25放送分
レベル2動詞
catch → 動いているモノを捕まえる
Generally, people catch colds when the seasons change.
(一般的に季節の変わり目はかぜをひきやすい。)
(「ボキャブライダー」)
田中先生によると、風邪のウイルスは空気中で動いているので
風邪をひく → catch a cold のように言うのだそうです。
それも ↓ の本での説明
英語のパワー基本語[基本動詞編]: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録2)
英語のパワー基本語[基本動詞編]: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録2)

collect → いろいろな場所から
↓ まさにいろんな場所から
Now I travel the world collecting rare feathers.
(今では世界中を旅して希少な羽を集めているよ。)
(18/04/24「英会話楽習」)

grab → 「グッ」「ガッ」など、つかみ方の強さ、素早さにポイントがある
Rosa and I are going to grab a drink. Care to join us?
− ろーざと僕はちょっと一杯ひっかけるつもり。
  一緒に行きたい?
飲み物にサッと手を出してキュッと飲む感じ。
(テキスト)

Care to join us? というお誘いフレーズの方が
Do you want to join us? よりやわらかい表現になる。
ネイティブを誘うことがあったら使ってみようと思うけど、
なかなかそういう機会ってないね…。


【クィア・アイ】
さっそく前回書いた
It dawned on me に遭遇。

Last night I was binging on the latest season of Narcos when it dawned on me, too many people are in the dark about salt.
(「ナルコス」を見てて思った、多くの人は無知、塩に関して)
だいぶ訳が端折られている感はありますが、
塩に関して知らない人が多いということにやっと気づいた、
みたいなこと。

binge on は「〜を大量に食べる[飲む]、〜を食べたいだけ食べる、〜を飲みたいだけ飲む」
And when I was a kid, binging on cereal while watching cartoons was a Saturday-morning ritual.
(それに私が子供のころには、アニメーション映画を見ながらシリアルを食べたいだけ食べるのが、土曜の朝の習慣でした。)
(15/10/07「実践ビジネス英語」)

最近は binge-watch という単語もできたようで、
シリーズ物ドラマなんかのイッキ見に使えるようですね。


去年の今頃、「基礎英語3
But you must take the good with the bad.
(でもね、いいこともあれば悪いこともあるものだよ。)
take の「手に取り受け入れる」イメージ!
posted by ラジ子 at 12:20| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする