2019年09月25日

instruct

「ラジオ英会話」

「おもてなしの基礎英語」は再放送も充実していますね。
略し方が「おも基礎」でなく「もて基礎」というのも気になりますが、
まずは「ラジ英」。

9/16放送分
商談を終えて
We spent a long time preparing for it, so we were able to put forward some powerful arguments.
− 私たちは長い時間をかけて準備したから、説得力のある主張を
  いくつか提示できたのよ。
put forward → 提案(提出)する
自分が forward を使うのは look forward to ぐらい…。

The new mayor put a new parks and recreation plan forward to the city council.
(新市長は新たな公園とレクリエレーション計画を市議会に上程した)
↓ の本より
英語のパワー基本語[前置詞・句動詞編]CD-ROM付: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録3)
英語のパワー基本語[前置詞・句動詞編]CD-ROM付: ネイティブ感覚の英語力アップ (田中茂範先生のなるほど講義録3)
例文を読むと、ちょっと formal 寄りな感じ。

「行動を起こさせる」レベル2動詞
persuade → 説得する
Don’t let him persuade you into lending him money.
彼にお金を貸すように説得されちゃだめだよ。
〜させるなの復習
Don’t let the Carpani suit fool you.
(そのカルパーニ製のスーツにだまされちゃだめだぞ。)
(11/08/11「ラジオ英会話」)

force → 嫌がっているのに力ずくでやらせる
order → 権威や力の裏付けが感じられる (テキスト)

9/17放送分
「教える」
teach → ある程度複雑な内容を、時間をかけて教える
educate teach よりも一段と広く深いニュアンスで使われる (テキスト)
…: immerse travelers in natural areas so they can be educated and raise their environmental awareness.
(旅行客は自然地域に浸ることによって、学べると同時に環境意識を高められるのです。)
↑ は、エコツーリズムのビニェット。
(15/07/01「実践ビジネス英語」)

instruct → 「これしなさい・あれしなさい」ということ
He instructed us on how to set up our computers.
− 彼は私たちにコンピューターの設定のやり方について教えてくれた
どうやら instruct (動詞)はブログ初メモ。
「指示」ならいくつかありました。
The instructions are clearly spelled out in the manual.
(やり方はマニュアルにはっきりわかりやすく説明してあるので。)
(13/03/18「ラジオ英会話」)
通常、instructions のように複数形、とメモあり。

9/18放送分
「説明する」
demonstrate → 周りの人が説明を注意深く見守っている感じ
The salesman demonstrated how to use the grater.
− セールスマンはそのおろし金の使い方を実演した
ポイントは「実演」しながらの説明。
We'll have local fitness instructors on hand to demonstrate tai chi and some other rise-and-shine personal workouts.
(地元のフィットネス運動指導員を呼んで、太極拳をはじめ、元気に一日を始めるためにひとりでできるトレーニングを実演してもらうのです。)
(06/04/10・11 「ビジネス英会話」)

illustrate → 図表を使うなどビジュアルに訴える説明
You should give much clearer examples to illustrate each point.
− それぞれのポイントを説明するためには、はるかにより明快な
  例を出さなければなりません。
give example の組み合わせも大事。(大西先生)
Can you give me some examples of sunrise industries?
(成長産業の例をいくつかあげてくれますか?)
(2019年7月「ボキャブライダー」)

9/19放送分
「すすめる・提案する」
recommend → 標準的な単語
I highly recommend the new Italian restaurant.
− その新しいイタリアンレストランを強くおすすめします
highly recommend は仲のよいコンビネーション。(テキスト)
highly を含む熟語
Rita has spoken highly of you.
(リタがあなたをほめちぎっているわよ。)
(10/04/07「ラジオ英会話」)

suggest → 自分の提案を差し出す
propose → 事前によく練られた提案、しっかりした提案
I venture, therefore, to propose that a small bell be procured, ...
(それゆえ、私は、小さな鈴を調達(中略)することを、あえて提案いたします。)
↑ はネコの首に鈴をつけようとするネズミの寓話
(2011年5月「ラジオ英会話」「スペシャル・ウィーク」)

「提案の動詞は that 節の動詞が原形になる」というルール、
なぜか、いつもキレイさっぱり忘れてしまう...。
テキストの説明をまとめると
that 以下の内容がまだ事実ではないので、現在形が避けられている」
とのこと、ふむふむ。

あと ↓ のパターンもすぐに忘れてしまうのだな、これが( ̄▽ ̄;) ナゼカシラ?
Because bricks are laid manually, it is essential that they be made in sizes that are easily lifted with one hand.
(レンガは、手で積み上げるので、片手で簡単に持ち上げられるようなサイズに作ることが不可欠である。)
(2009年7月号Business Vocabuilding)
あえて should を省略せずに、入れて使う、もアリかも。


【ビッグバン・セオリー】
シェルドンのセリフから。
Oh, boy, if there’s one thing that gets my goat, it’s those dad-gum insurance companies.
(保険会社には本当にムカつく)

What gets my goat is coming back home with loads of clothes I didn’t have time to wear.
(本当に嫌になるのは、一度も着る機会がなかったたくさんの衣服をそのまま持ち帰ることですよ。)
(08/07/02「実践ビジネス英会話」)

最近講座で聞いていなかったので、復習してみたのですが、
もし、私がつたない英語で話している最中、
急にこんなのを使ったらバランス悪そう…( ̄▽ ̄;) ダヨネー


去年の今頃、「ラジオ英会話
Ken is no more a leader than my pet hamster!
(ケンは僕のペットのハムスターと同じくらい、リーダーにはふさわしくないよ!)
ネイティブはどんな時に、この構文を使うのだろう?
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

sheer

「ボキャブライダー」

「おもてなしの基礎英語」は、
ショコタンの英語レベルのガチな感じもいい。

It’s odd of him to plan a party for us.
− 彼がわたしたちのためにパーティーを計画するなんて、ちょっとおかしい
ヘン、おかしいだと、こんなのも ↓
it's bizarre no one in marketing noticed Japan doesn't use hot water for washing clothes.
(日本では洗濯にお湯を使わないことをマーケティング部門のだれも気づかなかったなんてですよね。)
(09/06/30「入門ビジネス英語」)
ただし、bizarre の使用率は低め。
ヘン.jpg
strangeunusual >(oddpeculiar) > bizarre

It feels funny on my tongue.
− 舌の上で変な感じがする
↑ はヤバイお酒なのか、食べ物なのか…
関連表現
I always have a funny feeling when I turn on the ignition in my new hybrid car.
(私は、新しいハイブリッド車のイグニッションを作動させるたびに妙な感じがしますね。)
have a funny feeling … 変な感じがする
(15/04/22「実践ビジネス英語」)

Grace never noticed that she was wearing odd shoes until she got home.
− グレースは家に帰るまで、ふぞろいの靴を履いていたことに
  まったく気がつかなかった
辞書の例だと odd socks もありました。
カラフル〜

What is really important is invisible to the eyes.
− 本当に大切なものは、目で見ることができない
名言系、個人的には to が気になる。
↓ も個人的には名言のジャンル。
You don’t know what you’ve got till it’s gone.
(何かがなくなるまで、そのありがたみは分からないってことのようね。)
(1999年度「ラジオ英会話」)

How do I look in these sheer stockings?
− このとても薄いストッキング、どう?
sheer にそんな意味があったとは!
sheer には「完全な、純粋な」という意味も。
Well, I give full marks to Jim for sheer spunk.
(それはともかく、ジムの純粋な意欲に満点をあげますよ。)
(14/11/05「実践ビジネス英語」)

The politician’s explanation was obscure.
− その政治家の説明はあいまいだった。
synonym の中では vague が一歩リード。
あいまい.jpg
vague obscureambiguous fuzzy

I want to write a book that deals with the interface between tradition and modernization.
− 伝統近代化の接点を扱った本を書きたいと思っている
interface には面と面をつなぐイメージがある。(アプリ)
初メモでした。


この日に「ビッグバン・セオリー」からメモした
How many times do I have to tell you to replace the toilet paper when it’s empty?
(トイレットペーパーがまた切れてる!)
という英文が「おもてなしの基礎英語」とつながった!

9/17「おもてなしの英会話」より
How many times do I have to tell you?
何度も言わせるな

テキストの解説によると「いらだっている言い方」、
たしかに、バーナデットはかなりいら立っていた。

こういうふうに、いろいろつながっていくと、
なんだか楽しくなっちゃうね!


去年の今頃、「基礎英語3
Families help each other in times of trouble.
(家族は、困ったときにはお互い助け合うものよ。)
これも名言系。
友だちだとコレ ↓
That's what friends are for.
(そういうときこその友達)
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

put aside

「ラジオ英会話」

今さらですが、Eテレ「おもてなしの基礎英語」ってすごくいいですね!
アマゾンで見かけた本は買わなかったけど、
実はテキストを買ってしまいました( ̄▽ ̄;)
NHKテレビおもてなしの基礎英語 2019年 09 月号 [雑誌]
NHKテレビおもてなしの基礎英語 2019年 09 月号 [雑誌]
そして、本日10月号の発売日。
NHKテレビおもてなしの基礎英語 2019年 10 月号 [雑誌]
NHKテレビおもてなしの基礎英語 2019年 10 月号 [雑誌]

でも、「ラジオ英会話」からの復習です。
9/9放送分
Today, we need to discuss arrangements for the upcoming conference.
− 今日私たちは、来たるべき会議の準備について話し合う必要があります。
arrangement → 準備・手配
準備 = preparation の一択からせめて二択へ。
ニュアンスの違いはこれから…。

9/10放送分
会社を辞める人のセリフ。
The current situation here leaves me no other choice.
− この会社の今の状況だと、ほかに選択肢はないわ
なんか、このセリフ、カッコいい!
↓ はハロウィーンパレードが5時に始まるという状況のせいで
That doesn’t leave us too much time.
(ほとんど時間が残されていませんよ。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

これしかない系
There’s no other way.
(ほかに方法がないんだけど。)
(12/08/23「ラジオ英会話」)
We have no choice but to sell it.
(それを売るしか選択の余地はない。)
(19/07/01「ラジオ英会話」)

Some claim that climate change doesn’t exist, but the facts say otherwise.
− 気候変動なんて存在しないと主張する人もいるが、
  事実は異なったことを言っている
なかなか使いこなすに至らない otherwise
Knowledge gleaned at first hand is more trustworthy than that gained otherwise.
(自分で集めた知識は、ほかの手段で得た知識より信用できる。)
(10/01/14「実践ビジネス英語」)

Let’s say you put aside ¥20,000 a month.
− 仮に君が1か月に2万円ためたとしよう。
save でもいいとは思うのですが、
脇に置いておく感じがいいなと思って。
類似表現
I set aside my time at home for my son.
(家での時間は、息子のために取ってあるんだ。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

9/11放送分
映画を見て泣いた人に向かって
You’re getting sentimental in your old age.
あなたも年をとったらだんだん感傷的になってきたわね。
年をとる、の言い方チェック。
You get mellower little by little as you grow older.
(年を取るにつれ、少しずつ丸くなるものだ。)
(05年12月号「レッツスピーク」)

How can you tell organic foods from non-organic?
− 自然食品そうじゃないものの違いは
  どうやったらわかるのでしょうか?
can tell A from B → A と B の違いを見分ける・区別する

何かのくくりの中の線引きは「動詞 A from B」のパターン。
It would take days to separate the wheat from the chaff.
(価値のあるものそうでないものを分けるには何日もかかりそうね。)
(06/10/30「徹底トレーニング英会話」)
distinguish the wise from the foolish … だれが賢く誰が愚かか見分ける
(10/05/24「ラジオ英会話」)


【BULL / ブル 法廷を操る男】
最近、Hule で見始めた法廷ドラマから気になったセリフ。

Arthur is still hung up on the road sign.
(アーサーはまだ表示の件を気にしてる) → 9/8の「去年の今頃」で復習

You really don't like the guy.
(議員が大嫌いなのね) → 9/11の「去年の今頃」で復習

やっぱり、復習するといいことがある!

このドラマ、きっと私との相性もいいに違いない。(勝手な思い込み)


去年の今頃、「ラジオ英会話
I don’t expect that I’ll get the job, but there’s no harm in trying, right?
(仕事に就けるとは思ってはいませんが、試すだけならいいですよね?)
まずは試してみなければ!
posted by ラジ子 at 12:50| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする