2017年08月08日

checkout line

「ラジオ英会話」

ストーリーとしては、昨年の9月に放送をした「ラジオ英会話」の続き。
子供のいるドウ一家に続いて、
シニアのいる家庭をテーマにストーリーを展開させる予定?

7/31放送分
ペニーとシニアの父親ジョージがスーパーでレジに並んでいたところ、
ジョージが突然列を離れたため、ペニーが言ったセリフ。
I’ll save our place in line.
− 列の順番、キープしておくわね。
英語が save で日本語が「キープ」というトリッキーさ。

それを聞いたジョージが
There’s no need to do that.
− そうする必要はない
これと You don’t have to do that.
の違いが気になって辞書で調べたところほぼイコールらしい。
(ジーニアス)

ジョージはいちごアレルギー持ち。
The last time you ate strawberries, you broke out in hives.
前にいちごを食べたときじんましんが出たでしょう。
↓ おなじみパターン
I break out in a cold sweat.
(冷や汗をかく。)
(12/01/25「英語5分間トレーニング」)
into もある。
Just the thought of standing up in front of a crowd makes me break out into a cold sweat.
(群集の前に立つということを考えるだけでどっと冷や汗をかくんだ。)
(06/08/2・3「英会話上級」)

「最後に〜したのはいつ?」の疑問文
When was the last time it erupted?
(最後に噴火したのはいつでしたか?)
(12/07/04「ラジオ英会話」)

8/1放送分
 ↓ ダイアログのタイトル
PENNY IS BAFFLED.
− ペニー、当惑する
They were baffled that junior staffers were allowed to chomp while their boss was giving a talk.
(彼らは、上司の私が話をしている間、若手社員がもぐもぐ食べるのを許されることに戸惑っていました。)
(07/07/18・19「ビジネス英会話」)
be confused / puzzled の仲間。

スーパーで起こったことを夫のアルに説明するペニー。
We were standing in the checkout line at Herb’s Groceries and suddenly Dad took off to get strawberry ice cream that he can’t eat.
− 私たち「ハーブの食料雑貨」のレジに並んでいたんだけど、
  突然パパが食べてはいけないイチゴアイスを買いに列を飛び出したの。
意外と舞台になっているスーパーのレジ待ち列。
it can be as simple as letting somebody with fewer items go ahead of you in the supermarket checkout line.
(それは、スーパーマーケットのレジ待ちの列で、商品の数が
自分より少ない人に順番を譲るといった、ちょっとしたことでいいのです。)
(16/09/14「実践ビジネス英語」)

take off … 飛び出す
英辞郎によると leave suddenly の意味。

What’s even stranger is that there was a man standing in line who could’ve been Dad’s twin.
それ以上に変なことに、その列にパパの双子だと言ってもいいような
男の人が立っていたの。
what と比較級の組み合わせ
I think what’s worse for her is that her husband shrugs off the drug habit.
(彼女にとってさらにつらかったのは、ご主人が薬物の常用のことを一笑に付したことだと思いますね。)
(07/04/30・5/1「ビジネス英会話」)

ミステリーの予感...。


【モダン・ファミリー】
ある不動産の売買に関して希望通りの金額を得るために、
仲介業者の機嫌をとろうという相談をしているシーン。
クレア:You could, uh, flatter him, stroke his ego.
(そうね 褒め殺しとか?)
フィル:No, he'd never fall for that. He’s too smart.
(彼は賢いからムリだ)

7/19のエントリーで復習した
stroke someone’s ego … (人)をおだてる
(10/09/09「実践ビジネス英語」)
ですわ。

ついでに「〜にだまされる、ひっかかる」も復習。
Mom and Dad realized they’d fallen for a home-repair scam.
(父と母は住宅修理詐欺に引っ掛かったことに気がつきました。)
(14/12/17「実践ビジネス英語」)

最近はまた「メンタリスト」を見ています。
前より英語が聞こえてくるような気がする…。
(ホントなら朗報)


去年の今頃、「ラジオ英会話
I got turned around.
(迷ってしまって。)
たぶん、あっちこっち曲がって曲がって、ぐるぐる回って
結果的に迷ったんだろうな〜。
posted by ラジ子 at 22:53| Comment(2) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

fallible

英語学習というよりは、
イギリス人の class を見分ける方法の続き。
クラスの表現は原文のまま。

Tea and Coffee
【昔】working class : コーヒーは飲まない、
         ティーパックを直接カップに入れて作った紅茶を飲む
   higher class : コーヒーを飲む
         ティーポットで茶葉から淹れた紅茶を飲む
【今】一般的にみんなコーヒーを飲む
   紅茶を茶葉から淹れる人は全般的に減っている
   working class の人は紅茶に砂糖を多めに入れる
   upper-class はインスタントコーヒーをほぼ飲まない

Net Curtains
working class の人の家にはほぼネットカーテンがある
middleupper の家にはない。

Wordings
higher class sofa と言うのに対して、
lower classsettee と言う

lower classin the afternoondinner を食べて
in the evening tea を食べる。
middle classin the afternoonlunch を食べて
in the evening dinner を食べる。
posh people はデザートを sweet と呼び、
working class afters と呼ぶ。

一般の人を指す時、普通は you だが posh people one と言う。
upper classlavatory のことを決して toilet とは言わない。
posh peopleposh を意味する場合 posh と言わず smart と言う。

Appearance
upper class は平均的に working class よりも背が高い

Upper-class boys often have big “floppy” hairstyles while short hair is the trend with working-class boys.
floppy … だらりと垂れた
floppy hairstyle 画像検索結果

For some reason, upper-class men sometimes have ruddy cheeks.
ruddy … 血色のよい、赤みを帯びた

背が高くてふわっとした髪で、赤みを帯びた頬のグループに
red trousers を履いている人がいたら、upper class の仲間である
確率はかなり高いとのこと。
Tシャツを着るのは working class

Education
7%しか有料の中学校に行かない、通うのは posh people

Sport
ポロやホッケーをやったことがあるのは upper class
ラグビーファンは middle class の人数の方が
working class の人数よりずっと多い
サッカーファンは working class
とはいえ、アーセナルファンは middle class の評判あり。
最近は cyclingmiddle-class men に受けている。

Supermarket
Waitrose を使うのは upper class
Marks and Spencermiddle class
Asdaworking class
Sainsbury’sTesco は真ん中に位置して、全クラスにアピール。
Aldi Lidl working class に人気、
倹約家の middle class も利用。

ただし
In fact, most class indicators are fallible.
fallible … 誤りのありうる、必ずしも正確でない
なぜか infallible のみ学習済み。
Some people get scared when they realize their leaders aren’t infallible.
(自分のリーダーが常に正しいわけではないことを知り、不安を感じる人もいます。)
infallible … 決して過ちを犯さない、常に正しい
(12/08/09「実践ビジネス英会話」)

Colin さん自身は middle classupper class の条件にいくつか当てはまっている。
しかし
Yet, another English person would quickly spot that I am from a working-class background and I can usually guess someone’s class without knowing where they shop or checking their curtains.
イギリス人は特別な “class radar” を持っているようだ、とのこと。
へー

これを読んだ後、このクイズに挑戦すると
かなり高いパーセンテージをゲットできそうですよ。
What Per Cent Posh Are You?


去年の今頃、「ラジオ英会話」 7月号 Our Magical World
I heard that I had passed it because there was one person who went out on a limb and insisted that I was the one.
(それに受かったのは、1人の人がリスクを承知で、私が適役だと主張したからだそうです。)
go out on a limb … 危険を冒す、危ない橋を渡る
↑ はどこかのドラマでも聞いた記憶あり。
posted by ラジ子 at 12:58| Comment(0) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

subconsciously

英語劇場は何度目かの?「警官と讃美歌」だったのでパスして、
Colin Joyceさんの ”Japanglophilia” からメモ。

タイトルは「こんなこと書いてもいいの?」みたいな
“The Beginner’s Guide to Class Spotting, for Non-Britons”
未だに強く根付く class の見分け方が紹介されていた。

貧富の差やいろいろな職業が日本にもあるとはいえ、
But it’s different from Britain where people are constantly (often subconsciously) trying to gauge the social class of people around them and make assumptions based on their judgement.
日本とイギリスとでは状況がかなり異なるとのこと。

subconsciously … 無意識のうちに
まとめて復習。
..., I can eat a whole pack of chocolate-covered almonds without thinking.
(無意識のうちにアーモンドチョコを1箱全部食べることができますよ。)
(14/12/27「実践ビジネス英語」)
In everything―learning a foreign language or driving a car―it is necessary to practice until you can do it automatically.
(外国語を勉強するとか車を運転するとかいったあらゆることにおいて、
無意識のうちにできるようになるまで練習することが必要である)
(16/02/11のエントリー)
Its proponents say urban living has reduced our ability to move effortlessly and spontaneously like we used to in natural settings.
(これを提唱した人たちに言わせると、自然環境の中でかつてやっていたように、難なく自然に体を動かす私たちの能力は、都会生活によって低下してしまったのです。)
spontaneously … 無意識のうち[自然]に
(14/04/10「実践ビジネス英語」)
they have been shocked that for so many years they had unwittingly been giving threats and warnings to their American colleagues and friends.
(何年も知らないでアメリカ人の同僚や友人を脅していたことに、多くの人がショックを受けていました。)
unwittingly … 無意識に、はからずも、知らず知らず
↑ の英文は had better が脅しの意味になると知らずに使っていた日本人が
本当の意味を知った時のショック。
(08/06/10「入門ビジネス英語」)

それぞれの「無意識に」に、ニュアンスの違いがあるかもしれません...。

アクセントの違いがイチバンの決め手になるらしいのですが、
ノンネイティブには違いの見極めも難しく、
最近はイギリスにもいろんな変化があり単純に誰をどのクラスに
に当てはめるかが難しくなってきたとのこと。
そこで Colinさんが、基準のヒントを考えてみたそうです。

Aitch Aspiration (エイチ(H)の気音の発音)
H をハッキリ発音しない人は lower class
Aitch が「エイチ(H)」のこととは驚き!
(最初、アイチかと思った...)

The Letter Aitch (文字のエイチ)
Bizarrely, lower class people (wrongly) aspirate when they say the actual letter.
bizarrely … 不思議なことに
↓ は形容詞
That’s bizarre.
(それは変だ。)
知名度のあるホテルにもかかわらず、エレベーターがなかっのは変だ、というセリフ。
(15/04/08「ラジオ英会話」)

lower class の人は、H を読むときには「aitch(エイチ)」ではなく
haitch(ヘイチ)」と言う。
なので、
You can surreptitiously test for this by asking someone how to spell "ache," for example.
surreptitiously → 内密に、こそこそ、不正に
(09/05/14「実践ビジネス英語」)

Olives
階級によって食べられる物も変わる。
Venison, for example, is something the landed gentry eat while pies or fish-and-chips are working class favourites.
venison → 鹿の肉
landed gentry → 土地を所有する貴族
upper class は所有する土地で鹿を撃ったりするのかも…。
olive を食べるのは middleupper だけ、
working class は食べない。

長くなりそうなので、続きは次回。


去年の今頃、7/28「実践ビジネス英語」
Material possessions always have an expiration date.
(物質的な所有物には必ず有効期限があります。)
「物質的な所有物」とは、「実ビジ」はニホンゴモムズカシイデスネ
posted by ラジ子 at 12:43| Comment(0) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする