2017年06月16日

a bar of soap

「ラジオ英会話」

木彫家へ中学生がインタビュー。

6/7放送分
call on 〜 … 〜をあてる
  ↑ 生徒や参加者に教師や講師があてること。
そういえば、14/02/28のエントリーに書いたっけな…。

Is wood carving what you do for a living?
− 木彫りで生計を立てているんですか?
for a living … 生計を立てるために、職業として
「お仕事は何ですか?」のロングバージョンの質問が
What do you do for a living?

類似表現
Then why does he have to sell books to make a living?
(じゃあ、どうして彼は生計を立てるために本を売らないといけないの?)
(11/02/19(金) 「英語5分間トレーニング」)

I was a welder by trade.
職業は溶接工でした。
フラッシュダンスの主人公も溶接工だったな…。

って、若い人はわかんないね(汗)

by trade … 仕事・職業として

When I retired, I turned to carving as a hobby.
− 退職して、趣味で木彫りを始めたんです。
turn to … 〜を始める
↓ 趣味を始めた場合に、よく聞くのはこれ。
I’ve taken up gardening lately, and let me tell you, that’s a good workout for an office drone like me.
(私は最近ガーデニングを始めたのですが、確かに、私のように
オフィスでじっとしている人にはいい運動ですよ。)
(15/07/23「実践ビジネス英語」)

When I was a boy I used to whittle for hours.
− 小さいころはナイフで木を何時間も削っていました
↓ ちょっとずつ削って減らすイメージゆえの表現。
... whittling down the list of candidates … (後任)候補を絞っている
whittle down … 〜を減らす
(12/04/12「実践ビジネス英語」)

6/8放送分
ナイフを使う場合は
Remember you need adult supervision to do this.
− 大人ののあるところで、ということは忘れずに。
小学生のネット使用も要注意。
My parents won’t let me go online unless I’m supervised.
(監督されていない場合は、両親はインターネットを使わせてくれないんです。)
(2001年「ラジオ英会話」)

a bar of soap1個の石鹸
   ↑ 知らなかったなぁ

Watch―I’ll carve an egg.
− 見ていて―卵を彫ります
石鹸を彫って卵の形にした、という英文。
卵に何かを彫る、という意味にもなりますよね?
carve marble into a figure = carve a figure from(out of) marble
(大理石を刻んで像を作る)(ジーニアス)


6/8の「基礎英語3」中の英文に、おっ?と思いました。
I just can’t believe we’re already graduating next year.
(ただ、わたしたちが来年もう卒業だなんて、信じられないの。)
来年の事に already を使うという感覚がなかったのですゎ。
基礎英語で教えていることも知らないだなんて...、
と思う反面、
まだ学ぶこといっぱいあるな〜、と思ったりして。
物は考えよう。


去年の今頃、6/9「実践ビジネス英語」
And then they might feel obliged to go drinking with him.
(さらに、上司と一緒に飲みに行かないと悪いと、彼らは思っているのかもしれません。)
↑ 日本での上司と部下の関係。
平成のサラリーマンも、まだこんな感じなのでしょうか?
posted by ラジ子 at 16:14| Comment(4) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

on a lark

「ラジオ英会話」

インタビュー形式のダイアログって年イチぐらいでありますよね。

6/5放送分
シンガー・ソング・ライターの巻。
いつごろから歌を書き始めたのか質問されて
Well, it wasn’t until I was well into my 30s.
− そうだな、30歳をかなり越したころだね。
it wasn't until 〜 … それは〜してからです
not until 系ってトリッキーな感じで苦手
It wasn’t until 11 p.m. that he came back home.
(彼は11時になってようやく帰ってきた)
(ジーニアス)

be well into one’s 30s … 30歳をかなり越している
in his 30s(30代) のかなり(well)中に入ってから(into) のイメージ。
↑ ムリヤリ感あり...

I joined a friend’s band on a lark.
面白半分で友達のバンドに入ったので。
on a lark … 面白半分で
辞書には for/as a lark が載ってました。

That’s when The Blue Sun Dogs rose to fame.
− そのときですね、
「ブルー・サン・ドッグズ」が有名になったのは。
rise to fame … 有名になる
come shoot でもいいらしい。
He shot to fame in the seventies as the lead singer of Led Zeppelin.
(ロングマン)
↑ はこの人のこと。

Everything fell into place.
− すべて収まるところに収まりました。
09/09/24「ラジオ英会話」に
Everything is falling into place.
(すべてうまくいきつつあるわ。)
というセリフがあり、遠山先生によると
「ジグソーパズルがぴったりはまるイメージ」とのこと。
私は「テトリス」を思い出しました。

6/6放送分
工芸家の巻。
It’s a beaded wallet.
ビーズの財布よ。
beady eyes だと「ビーズのような(キラキラ輝く)目」
かつて、どこかのラジオ講座で習った記憶あり。


この週の Listen for It! に出てきた
mosquito-borne disease (蚊が媒介する病気)の borne の復習。
So many people wear flu masks to protect themselves from airborne viruses.
(ですから、多くの人がマスクをつけて、感染性のウイルスから自らを守っているのです。)
airborne virus空気感染性のウイルス
(14/01/29「実践ビジネス英語」)

Today the United Nation said two hundred thousand Haitians could potentially contract the waterborne illness which has already killed eight hundred.
(国連はすでに800人が命を落とした、水が媒介する病気に、20万人のハイチの人々が感染する可能性があると発表した)
(10/11/16エントリー、ABC World News)

病気の話題で「なんとかボーン」と聞こえてきたら、
ほぼ「〜媒介」の意味。

この人のボーンはスペルが違うんですね。

しかも、病気とは無縁のイメージ。


去年の今頃、「ラジオ英会話」、「実践ビジネス英語
I have a feeling they’re out there.
(彼らはどこかそのあたりにいるような気がします。)
UFOを信じる人の発言。
海外ドラマを見ていると
have feelings for 〜 → 〜に特別な気持ちを抱く
がよく聞こえてくる気がする。
posted by ラジ子 at 11:04| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

chase rainbow

「ラジオ英会話」

Rainbow についての話。

5/30放送分 English Conversation Literacy

There’s a pot of gold at the end of a rainbow.
− 虹の根元には黄金の壺がある。
という迷信がある。
ジーニアスによれば、「求めても得られない夢のたとえ」とのこと。

ゆえに
He’s always chasing rainbows.
− あの人はいつも夢のようなことばかり考えている

虹の七色の覚え方も紹介されていました。
Richard of York gave battle in vain.
は長いので
Roy G. Biv
の方が好み。
かなり昔の「基礎英語3」、手島良(てしままこと)先生の講座で
この覚え方は習った記憶があります。
手島先生の講座、好きでした。

語呂合わせは mnemonic という。
Do you know the Japanese mnemonic Ika no Osushi?
(日本語の語呂合わせ「イカのおすし」を知っていますか?)
(「実践ビジネス英語」 16年5月号 Our Magical World)
↑ の「イカのおすし」は防犯の mnemonic


【フレンズ】
日常会話を学習するならやっぱフレンズでしょう〜、
ということで、時々見ています。
そしたら、聞こえてきました、伝説のダジャレのあれ!

知ったら最後、何も秘密にしておけないモニカが
フィービーにあることをほのめかすシーンにて。
ハッキリは言えないけど、
感動的なことよ。」
It's a humdinger.

キターーーーーー!

humdinger … すばらしいもの
(08/02/4・5「ビジネス英会話」)

1回しかブログにも書いていないんですけど、
ハムでんがな 
というダジャレのインパクトのおかげで覚えられた単語です

去年、フレンズのディレクターのお祝いで、再集結したんですね。
知らなかったー。


映画もあるらしい?


ちょっとビミョーかも…。


去年の今頃、6/2「実践ビジネス英語」
It gives all cyclists a bad name.
(そのせいで、自転車に乗る人みんなのイメージが悪くなります。)
givea bad name … 〜を悪者にする、〜の評判を落とす
一部のマナー違反者のせいで、ひとくくりで悪者にされてしまう場合。
ロックフェスなんかで暴れる人が少数いると、
ロックファン全員がマナーの悪い人と思われてしまう、
みたいな場合にも使えそう。
posted by ラジ子 at 11:10| Comment(6) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする