2017年02月26日

cringe

「実践ビジネス英語」

ちょっと前に、東京ディズニーランドでパジャマ禁止
みたいなニュースがあったっけ。パブリックな場でパジャマか...、うーん。

・…, I must say I like the new dress code that went out this morning.
− 今朝発表された新しい服装規定は本当にいいですね。
go out に「公にする」という意味があるとのこと。

ほかの意味の go out
That hairstyle went out with the ‘80s.
(あのヘアスタイルは80年代ですたれてしまったわ。)
(09/09/02「ラジオ英会話」)

You had a lot to do with putting it together, right?
− これをまとめるためにいろいろ関わりあったのでしょう。
複数をひとつにする put together
A strong CEO or any manager who’s tasked with putting together a team ― ...
(実力のあるCEOは、あるいは、チームをまとめるのを任された責任者は、...)
(15/03/19「実践ビジネス英語」)

I cringe when I see people wearing hoodies, sweatpants and track shoes to work.
− 私は、パーカーにスウェットパンツ、それにトラックシューズを
  着用して出勤する人たちを見ると、うんざりします
cringe … うんさりする、嫌になる
It makes me cringe when I think how stupid I was.
(ロングマン)
cringe shy away from なら何度かブログにメモ。

That’s why we decided to give some serious thought to defining A&A’s dress code and put it in writing.
− ですから、真剣に検討したうえでA&Aの服装規定を定めて、
  それを文書化することにしたのです。
Let’s put our goals in writing.
(目標を書きましょうよ。)
(13/01/07「ラジオ英会話」)

2/23放送分
A high-profile accounting firm released a tongue-in-cheek video that told employees what to wear and what not to wear.
− 着ていいものと悪いものを従業員向けに示した、ちょっとふざけた動画を、
  ある知名度の高い会計事務所が公開したのです。
… (the policy was a) “tongue-in-cheek response to a negative review many years ago” …
(「何年も前の否定的なレビューに対するおふざけの対処」)
(16/07/08「実践ビジネス英語」)


【キャッスル】
本番前に、「まず調べてみる」という表現。
大学受験に失敗し、目標を失った娘に
「旅行でもして人生経験を積めば?」と提案したキャッスルでしたが、
CASTLE test the waters.PNG
That's a great idea. I could get an internship. Practical experience in the job market, you know, test the waters.

No, I’m just testing the waters.
(どんなものか様子を見ているだけです。)
(15/10/07「実践ビジネス英語」)

個人的には、実際に湯船につかる前に、
お湯の温度を確かめるイメージがあるな〜。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
They’re probably too set in their ways to change.
(彼らはたぶん、自分の流儀にこだわりすぎて変われないのです。)
年のせいで「頭が固い、融通が利かない、自分のやり方に固執する」表現。
自分が使ってもそんなにおかしくない年齢になってきたかもなぁ…。
posted by ラジ子 at 22:35| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: