2021年04月28日

friendzone

「ラジオ英会話」

ゴールデンウィーク中、いつものようにラジオ講座は再放送。
今年はその間、やっぱり音読だな。

4/19放送分
足が速いので「チータ(cheetah)」と呼ばれている人について。
As long as he doesn’t cheat on tests.
− 彼が試験でカンニング(チート)なんかしないのであれば。
on はテストというステージのうえで、の意味。
↓ 相手に不快な思いをさせる、迷惑をかける on
She wouldn’t cheat on him: she is above that.
(彼女は浮気なんかしないよ。そんなことをする人じゃない。)
(19/05/28「ラジオ英会話」)

自動型
Some people think I’m strange because I love to run in the pouring rain.
ザーザー降りの雨の中を走るのが大好きだから、
  私が変わっていると思う人々もいます。

ザーザー降り系表現
Rain was coming down in sheets.
(土砂降りだった。)
(2007年8月号「徹底トレーニング英会話」More Reading Out Loud)
As luck would have it, the day I lost my umbrella we had a downpour.
(運の悪いことに、傘をなくしたその日に土砂降りにあった。)
↑ の英文は番組中にクリスさんが紹介した文章だったようで
as luck would have it → 運のいいことに、運の悪いことに
どちらにも使えるそうです。
(10/01/14「実践ビジネス英語」)

4/20放送分
自動詞 + 前置詞の組み合わせ
Can you look over my report?
− 僕のリポートに目を通してくれますか?
But recently I’ve been making an effort to look through documents for what’s important and skipping sections that may not be so relevant.
(でも、最近は、書類にざっと目を通して、重要なところを探すようにし、あまり関係のなさそうな部分は飛ばしています。)
over through は目の動きの違いなのかなぁ?
(13/06/13「実践ビジネス英語」)

4/21放送分
hear listen の違いについて学習。(他動型・自動型)
I’ve told him a thousand times that he needs to change his attitude, but he never listens to me.
態度を改める必要があると 1,000回彼に言ったのに、
  まったく聞く耳を持ちません
過去の listen
My parents caught my brother listening in on their conversation.
(両親は弟が彼らの会話を盗み聞きしているところを捕まえた。)
I was listening for my name to be called.
((病院の待合室で)私は自分の名前が呼ばれるのを待っていた。)
(19/09/03「ラジオ英会話」)

attitude behavior の違いが気になってググってみたら、
いろんなサイトで説明がありました、例えばココ

↓ の英文に attitude は使えないはず。
I’ve been reading up on cat behavior.
(私、このところ猫の行動について調べているの。)
(14/11/18「ラジオ英会話」)

4/22放送分
英語は配置が意味を決める
動詞の位置にあれば動詞!
Sheila just friended me.
− シーラがたった今私を友達リストに登録してくれました
英辞郎だとSNS用語という説明あり。
↓ はもうちょっと広い意味かな?
Do you mean to say that Hunter could befriend a bird?
(ハンターが鳥と友達になれるかもしれないということ?)
(14/11/19「ラジオ英会話」)

She friendzoned me.
− あなたはタダの友達
初めて知った。
「友だちゾーンに置く」という意味だそうです。


【フォーエバー 〜人生の意味】
4/21のエントリーで
get the best out of → 〜から最高 / 最善を引き出す
を学習しましたが、別の best を復習。

久々のスキーのため、レッスンを受ける中年夫婦。
同じクラスになった子供にいっしょに滑りたくないと言われて
Listen, it wasn’t my idea to be in a class with little kids. I would prefer to be with a group of adults. But the class was full. So we’re just gonna have to make the best of it, all right?
(私だって子供のクラスは嫌よ でも大人のクラスは空きがなかったの
だから ここで頑張るしかない)

make the best of :不満足な事情・条件を受け入れてその中でベストを尽くす
生意気な子供といっしょだなんてイヤだけど、
ガマンしてベストを尽くしてる!

I think it’s important to make the best of life as you grow older, ...
(年を重ねるごとに人生を最大限に生かすこと(中略)が大切だと思いますよ。
(14/05/07「実践ビジネス英語」)
 ↑ 「人生を最大限に生かす」の意味がよくわからないけど、
   何事にもベストは尽くしていきたい。(好きなことだけ)


去年の今頃、「ボキャブライダー
We took down a log cabin in the forest.
(私たちは森の丸太小屋を解体した)
take で一度手に取って、down で下に下ろすイメージ。
posted by ラジ子 at 23:56| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月21日

watch the passers-by

「ラジオ英会話」

今のところ「リングフィットアドベンチャー」が楽しく続いているのは
ゲームの要素が大きいからだと思うんですよね〜。
続けるには楽しいと思える要素って、大事。

4/12放送分
It’s really important to motivate students in order to get the best out of them.
− 学生から最善を引き出すためには、
  意欲を起こさせることがとても重用です。
get the best out of → 〜から最高 / 最善を引き出す
I think companies need to show more smarts about getting the best out of people and helping them grow, regardless of their age.
(私が思うに、会社はもっと知恵を出して、年齢に関係なく、人々の能力を最大限に引き出し、彼らの成長を後押しする必要がありますね。)
(16/09/23「実践ビジネス英語」)
best あるところ more もある
The challenge for them is to get more out of their retirement, or semi-retirement.
(彼らにとっての課題は、引退生活や半引退生活をもっと意義深いものにすることですよ。)
(16/09/22「実践ビジネス英語」)

おまけ
get a kick out of 〜 だと「〜をおおいに楽しむ」
They got a kick out of bathing in public,
(その両親は、ほかの人たちの前でお風呂に入るのも(中略)おおいに楽しみました。)
外国人の友達の両親が温泉を楽しんだ話。
(2016年「実践ビジネス英語」 8月号 Our Magical World)

4/13放送分
手相占い師からのアドバイス
You need to be very careful about making any big purchases this year.
− あなたが今年、何か大きな買い物をするなら、
  かなり慎重になる必要がありますね。
make purchase の組み合わせ
It’s important to note, by the way, that more and more of their purchases are being made online.
(ただ、注目すべきは、オンラインでの買い物がますます増えていることです。)
(16/07/20「実践ビジネス英語」)

I often sit at a café terrace and just watch the passers-by as I slowly sip my coffee.
− 私はよくカフェのテラスに座って、
  ゆっくりコーヒーをすすりながら通行人をただ眺めています
たまにはのんびり人間観察 (watch)。
↓ 駅のテラスにて
I’d rather sit in the lounge, kick back, and watch the world go by.
(ぼくはラウンジに座ってリラックスして、人の流れを見るほうがいいな。)
(1999年度「ラジオ英会話」)
I like people–watching.
(僕は人を観察するのが好きだからね。)
飛行機の待ち時間のセリフだから空港のラウンジかも。
(11/07/14「英語5分間トレーニング」)

4/14放送分
Tom and Masami are dating each other?
− トムとマサミはつきあっているのかい?
date は他動詞
Sorry, I don’t date coworkers.
(すみませんが、同僚とはつきあわないことにしているのです。)
(21/04/09「ラジオ英会話」)

My Japanese girlfriend knows Tokyo like the back of her hand.
− 私の日本人のガールフレンドは東京をよく知っています
↓ 比喩的な用法
In a year or so, you’ll know the journalistic terrain like the back of your hand.
(1年かそこらで、報道の領域がよくわかるでしょう。)
(10/08/14「英語5分間トレーニング」)
↓ と ↑ だと、どっちの方がより多くを知っているのでしょう?
I know this area inside out.
(僕はこのあたりを隅から隅まで知ってるよ。)
(10/11/21「英語5分間トレーニング」)


【モダン・ラブ 〜今日もNYの街角で〜】
アマゾンプライムのビデオ、どんなのあるのかな〜?
で調べてみたらこういうオムニバスドラマがあるんですね。

1話が30分なのでサクサク見られる。
で、第5話を見ていた時のセリフです。
I am calling this an intermission.
(今は“幕あい”だけど)
これ、前回エントリーの「去年の今頃」の復習英文に入ってたやつ!
We can eat them during the intermission.
(それを休憩時間に食べればいいわ。)
(20/04/09「ラジオ英会話」)
いいタイミングで聞けた!

このドラマで驚かされるのが、言語の種類の充実っぷり。
音声の選択肢が10種類、これだけでもすごいのに
字幕が29種類!!
すごくな〜い?
Amazon が本気を出したら誰もかなわないな、と思った瞬間...。


去年の今頃、「ボキャブライダー
When I opened the door, the dust made my eyes water.
(扉を開けたとき、ほこりで涙が出た。)
たぶん同時にくしゃみも出て、鼻水も出たと思う。
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月14日

artifact

「ラジオ英会話」

「英会話タイムトライアル」って、今年でもう10年目なんですね!
まだ4、5年目ぐらいかと思った...。

4/5放送分
・… I’m not really good friends with Pierre.
− 僕はピエールとそんなに親しいわけじゃないからね。
英検4級ぐらいのパス単に
make friends with
が載っていた気がするけど
こんなふうにも使えるのですね…。
really の場所(not の後ろ)もチェック。

助動詞
I should have prepared much better for the presentation.
− 私はもっとしっかりプレゼンテーションの準備をするべきでした
日本語の「しっかり」を一語で表せる英語がない(不便)。
Pull yourself together!
(しっかり落ち着いて!)
(17/06/15「ラジオ英会話」)
Can you hold the ladder steady for me?
(梯子をしっかり押さえてくれないか?)
(10/05/11「ラジオ英会話」)
状況に応じて考えないと…。

4/7放送分
We went to five different bars.
− 私たち、5軒の違うバーをはしごしたのよ。
「はしご酒をする」だと
bar-hop (動詞) とか do/go bar-hopping
という言い方もあるけど、テキストの英文は簡単でいい。

時表現の前置き
I have had a bad cold for ten days, despite taking the medicine my doctor prescribed.
− 私は、掛かりつけの医師が処方した薬を飲んでいるにもかかわらず
  10日間ひどいかぜをひいています
放送を聞きながら英作文をしたとき、
despite のところを although で考えてしまった。
違いをネットで調べてみたらこちらを発見
↑ では「フォーマルな言い方で日常会話ではあまり使われない」
と書かれていた despite the fact that の英文
She never puts on weight despite the fact that she eats like a horse!
(彼女は大食いにもかかわらず決して太らない。)
(20/05/19「ラジオ英会話」)
↑ の日のテキストには
despite the fact that はネイティブスピーカーにしたら
長くない、苦にならないという説明あり。
ムムム…
ネイティブによって、判断基準はいろいろ…。

おまけ
I need to get this prescription filled today.
(この処方箋の薬を今日中に出してもらわないといけない。)
(2020年11月「ボキャブライダー」)

4/8放送分
前置きと後ろ置き
同じ単語でも場所によって意味が変わることを学習。
As far as I know, these are the oldest Egyptian artifacts that have been discovered.
− 私が知るかぎり、これらは発見されている最も古いエジプトの遺物です。
artifact → (史的価値のある)遺物
初メモ。
art(技術)を使って作られた遺物が artifact
優れた art で工芸品を作る人は artisan (熟練した職人)
(06/10/16・17「英会話上級」)

↓ 同じ遺物でも時代遅れのもの
... how can I keep from becoming a relic?
(どうしたら過去の遺物にならないでいられるのだろう、...)
(13/11/13「実践ビジネス英語」)

4/9放送分
Sorry, I don’t date coworkers.
− すみませんが、同僚とはつきあわないことにしているのです。
英辞郎の説明によると「通例 date with とは言わない」
そうです。
まんまと引っかかってしもた。( ̄▽ ̄;)


【ワッフルとモチ】
とうもろこしについて学ぶため、
Mashama Bailey に会いに行くワッフルとモチ。
Mashama is one of the best chefs in the American South, and she knows a thing or two about corn.
(とうもろこしにくわしいはず)
意外と久々のメモ。
... I know a thing or two about American history.
(アメリカ史についてはちょっとうるさいんです。)
know a thing or two about … 〜にちょっとうるさい(知識がある)
(06/12/27・28「英会話入門」)
英語の謙虚表現だそうです。
「英語」と「謙虚」の組み合わせって、なんとなくしっくりこない。
(個人の感想)

Mashama Bailey って、有名なシェフらしいんです。
↓ 1分23秒あたりに名前が出てきます。

そういえば私、この Netflix シリーズも全部見てるなぁ。
どんだけ食いしん坊なのか、って話( ̄▽ ̄;)


去年の今頃、「ボキャブライダー
At this restaurant, steaks are served with a generous helping of salad.
(このレストランでは、ステーキと一緒にたっぷりのサラダが出される)
generous って、いい言葉だな〜。
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする